おむつかぶれ

2015/08/25

オムツかぶれを血が出るほど引っかく息子…治し方は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

オムツかぶれを血が出るほど引っかく息子…治し方は?

幼い子どもは汗っかきさん。汗をかくとママが一番気になるのは「あせも」です。オムツをしている子どものお尻のあせもが悪化したことを心配するママに対して、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「オムツかぶれの治し方について」

もうすぐ2歳になる男の子です。最近、お尻にあせものようなオムツかぶれができ、かゆがって爪で引っかくので、血が出るほどの傷ができてしまっています。保湿剤やオムツかぶれ用に処方された薬を塗りましたが、逆に悪化して、余計にかゆがるようになってしまいました。保湿はせずに乾燥させたほうがよいのでしょうか。また、おすすめの塗り薬があれば教えてください。(30代・女性)

あせも、かぶれは、汗がたまったところにできやすい

汗がたまったところに、あせもや、かぶれが起こりやすくなります。さらに爪で引っかくと感染を起こしてしまう可能性もあります。

あせもは、汗の通り道がふさがってしまうことにより生じます。行き場のなくなった汗が皮膚の中にたまると、水泡や赤くなるといった症状が出てきます。お子さんのあせもができているのはお尻部分とのこと。汗をかきやすく、蒸れやすい環境なので、あせもができてしまうことはよくあります。爪で引っかくと感染を起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。(皮膚科看護師)

対策のポイントは清潔と乾燥、塗り薬は医師に相談を

清潔と乾燥を心がけましょう。汗をかいたらこまめに拭きとり、オムツは肌を乾燥させてからあててください。お風呂の入り方を工夫したり爪を切ることも大切です。塗り薬が合わないようなら医師に相談しましょう。

あせもや、オムツかぶれの対策は、皮膚の清潔と乾燥です。2歳ともなると、よく動いて汗もたくさんかくでしょう。汗をかいたら、こまめに拭きとって肌着を取り替えてください。また汚れたオムツもこまめに取り替えましょう。あせもができている部分は、毎回ぬるま湯で流すか、濡れたガーゼでふき取り、よく乾燥させてからオムツをあててあげるとよいでしょう。(産科看護師)
入浴の際、体を洗う石鹸は低刺激のものを使用し、ナイロンタオルやスポンジではなく手で洗ってあげてください。かゆみが強いときはぬるま湯で流すだけで充分です。お子さんの爪は短く切り、引っかいても傷がつかないようにしてください。かゆがるときは冷たいタオルで押さえるようにしましょう。(産科看護師)
保湿クリームは厚塗りすることでつまらせてしまい、かえって逆効果のこともあります。オムツかぶれ用の薬を塗るのは対処として間違っていませんが、治りが遅かったり、ひどくなるようなら病院で相談してください。(皮膚科看護師)

あせもや、オムツかぶれは、汗が皮膚にたまることで起こります。対策としては清潔と乾燥がポイント。汗をかいたときの対処やオムツのあて方、入浴方法などを工夫するとよいようです。塗り薬については医師に相談することも一案です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加