お腹の張り

2015/08/27

妊娠中のお腹の張り…副作用を我慢してでも、張り止めの薬を飲むべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中のお腹の張り…副作用を我慢してでも、張り止めの薬を飲むべき?

お腹の張りは早産につながるなどの危険があるといわれ、心配になるお母さんも多いようです。安静にして様子を見るのがよいのか、それとも、副作用があっても頑張って張り止めを飲んだほうがよいのかという相談に対し、専門家の皆さんは何と答えているでしょうか。

プレママからの相談:「妊娠中のお腹の張りについて」

妊娠27週目に入った妊婦です。最近家事をしていると、なんだかお腹が張る感じがします。張ってるなと思ったら、少しソファーに横になって休みます。すると、だいたい張りが軽くなるので、大丈夫なのかなと勝手に思っています。お医者さんに張り止め薬を一応処方してもらいましたが、副作用の動悸がひどすぎて飲めません。少しでもお腹が張ったら、無理してでも薬を飲むべきでしょうか。(20代・女性)

少しの張りなら安静にして、30分様子見を

お腹が張ったからといって、すぐに薬を飲む必要はなく、横になって安静にすることが大切です。30分以上張りが治まらない、痛みや出血がある場合は、急いで受診せずに、まず病院に問い合わせるのがよいようです。服薬の必要があるのに薬が合わない場合は、医師に相談してみましょう。

妊娠中に感じる子宮の張りは子宮収縮と呼ばれているものです。赤ちゃんがいる子宮は筋肉でできているので、お母さんが緊張したり、ストレスを感じると張ることがあります。また徐々に赤ちゃんが大きくなってくると子宮の筋肉も伸ばされるので、張りを感じることが増えます。(内科医師)
少しの張りでしたら、薬を服用しなくてもいいでしょう。お腹が張るときは、無理せず横になって、安静にしてください。あらかじめ、ソファーの近くにリモコンや携帯、ティッシュなど準備しておくといいでしょう。安静にして治まるようでしたら心配ありません。(産科看護師)
30分以上、横になっても張りが治まらなかったり、張り方が強くなったり、痛みが伴ったり、出血するようでしたら、病院に連絡してください。薬を飲んで、さらに安静にするようにいわれるかもしれません。その場合は、病院に行くために動くと、かえって症状がひどくなるためだと思ってください。(産科看護師)
頻回にお腹が張るようでしたら、薬を服用した方がいいでしょう。薬の副作用が強いようでしたら、薬の量を減らしてもらうか、別の薬に変えてもらってください。(産科看護師)

日常で張りを引き起こす要因を見極め、避ける

活動の種類や姿勢、ストレスや性交など、どんなときに張りが起こるかを自分なりに分析し、思い当たる活動や状況を避けるのも効果的です。

便秘を張りと間違えることも、妊婦さんによくあることです。もし便秘の可能性がある場合は、内服薬などをお医者さんに検討してもらってください。(内科医師)
張りが起きるタイミングは、家事や仕事をしているとき、同じ姿勢で長時間いたとき、長い時間歩いたり立ったりしたとき、ストレスや緊張を感じたとき、冷えたとき、性交による刺激があったときです。もし思い当たることがあれば、無理しないで控えるようにしてみてください。(内科医師)

お腹が張ったら、まず安静にして30分様子を見ましょう。その後、必要であれば病院と連絡を取ったり服薬することを検討できます。また、お腹の張りを引き起こしがちな要因に心当たりがある場合は、無理せずに控えるのが賢明です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加