対処法

2015/08/26

食べられないのは、つわりか夏バテか?夏を乗り切る方法は

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

食べられないのは、つわりか夏バテか?夏を乗り切る方法は

つわりなのか夏バテなのか…、食べたくないけれど赤ちゃんの栄養のことも気になるというのはつらい状況ですね。初めての妊娠で不安に思っている妊婦さんからの、この夏を乗り切る方法を知りたいという相談に対し、専門家の皆さんのアドバイスとは。

プレママからの相談:「つわりと夏バテ、乗り切る方法は?」

現在、妊娠4カ月目です。先週あたりから吐き気や胃のムカムカが治まってきたような気がします。しかし妊娠前のような食事量が取れず、赤ちゃんにきちんと栄養が届いているのか心配です。最近暑くなってきたので、食べられないのは夏バテの症状でしょうか。つわりと夏バテの見分け方ってあるのでしょうか。初めての妊娠なので、これから身体がどうなっていくのかわからなくて不安です。夏をバテずに乗り切る方法を教えてください。(20代・女性)

落ち着いてくる時期だが、どちらか一概にはいえない

平均的には、つわりがそろそろ落ち着いてくる時期ですが、期間や症状には個人差があり、つわりなのか夏バテなのかをはっきり見分けることは難しいようです。

一般的には、つわりは妊娠4~6週から始まり、12~16週ぐらいには落ちつく場合がほとんどです。ピークは妊娠7~9週頃という人が多いです。質問者さんは妊娠4カ月なので、ご自身が自覚されているように落ち着いてくる時期です。とはいえ、赤ちゃんが生まれるまでずっとつわりが続く人もいるので完全に否定はできません。(内科医師)
吐き気や胃のむかむかは治まっても、食欲がわかないという症状の人もいます。また、徐々に子宮が大きくなって胃の圧迫感を感じて食事が思うように摂れないことはあります。(内科医師)

食事は少量を頻回に。無理して食べる必要なし

好きなものを少しだけ、何回にも分けて食べるようにというアドバイスがありました。夏場は特に水分補給も忘れずに。赤ちゃんの栄養が気になるかもしれませんが、どうしてもというときは栄養剤の点滴も受けられるため、心配しすぎることはないようです。

以前と同じように食べなくても大丈夫なので、1日5回以上を目安に1回の量は少なめにして頻回に食事を摂るようにしてみてください。偏りすぎなければ、何回かは好きなものだけやフルーツだけを食べても大丈夫です。また、最近の夏は暑いので夏バテの可能性もあります。これらを見分けるのは難しいかもしれませんが、対策は同じです。食事は頻回に摂る、水分もこまめに摂ることを心掛けてみてください。(内科医師)
夏バテの症状もつわりの症状も似ているので、安定期に入っても食欲がないのは、つわりの影響か、夏バテなのかわかりませんが、いずれにしても、食欲がないときは無理して食べる必要はありません。果物や、野菜ジュース、ゼリーやアイスなど、食べられそうなものを摂るようにしてください。食事は1回の量を減らし、数回に分けて少しずつ食べるようにしてください。(産科看護師)
食欲がないときは、水分を多めに摂った方がいいのですが、吐き気があるときは、水やお茶より、氷を口に含むようにしてください。妊娠初期は、たとえ食べられなくてもお母さんに蓄えられた栄養で赤ちゃんは育ちますので、それほど心配する必要はありません。もし、いつまでも食べられなかったり体重減少があれば、栄養剤の点滴が受けられます。水分を摂れないほど症状がひどいときには無理をしないで受診を検討してください。(産科看護師)

食欲不振の症状がつわりか夏バテか、はっきりしたことはいえませんが、取るべき対策は同じです。無理して食べず、少量・頻回の食事とこまめな水分補給を心がけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加