喘息(ぜんそく)

家族に喘息の人がいなくても、突然喘息になることはあるの?

苦しい咳がなかなか止まらない喘息は、その姿を見るだけでも心が痛むものです。3歳になる子供が小児喘息の疑いがあると言われて心配なママから、喘息の発症について「なるカラ」に相談がありました。看護師さんはなんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「3歳になる子供に小児喘息の疑い、見分けるポイントを教えて!」

3歳の子供が小児喘息の疑いがあると言われたが、家族に喘息体質の人がいないのに突然発症することはあるのか、喘息かどうか見分けるポイントがあれば教えて欲しい。そんなママからの相談です。

3歳の子供が風邪をひき、かかりつけの医者に行ったところ、喘息の疑いありと診断されました。父方母方共にさかのぼってみられる限り、喘息だった人はいません。部屋の掃除は、きれいにしているとは言い切れませんが、とんでもなく汚いわけでもありません。友人には、ちょっと咳したら喘息って言う医者もいる、喘息の血が入っていないのなら誤診だ、と言われました。遺伝でなくいきなり喘息になってしまうことはあるのでしょうか?その場合は私の掃除の仕方が良くなかったのでしょうか?これは喘息じゃないよ、と素人から見ても分かるようなポイントはあるでしょうか。 (30代、女性)

喘息そのものが遺伝するとは考えられていません。

喘息そのものは遺伝しませんが、ハウスダストなどのアレルギーが原因で喘息発作を起こすことも多いので、部屋を清潔に保つようアドバイスがありました。

アレルギー体質は遺伝するといわれますが、喘息そのものは遺伝するとは考えられておらず、家族に喘息の人がいないからといってお子さんが喘息にならないとは考えにくいです。ハウスダストやダニといた原因のアレルギーで喘息発作が起こることは確かに多いです。だからといって、質問者さんの掃除の仕方が悪かった、というわけでは決してありませんが、部屋を清潔にすることは心がけられると良いでしょう。 (循環器科看護師)

喘息ではないと判断するのは難しいので、疑いがあるのなら対応しておいたほうが安心です。

様々な検査をして喘息かどうかを判断します。安易に喘息でないと判断して、後から喘息であると判明した場合、早めに対処できず苦しい思いをするのは子供本人です。不安があれば意思に相談して、喘息の疑いへの対応をとるようアドバイスがありました。

喘息じゃないと判断するポイントというのは難しいですね。医療者は、ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴があるならば喘息を疑います。疑った上でさまざまな検査等をしながら、それを確定させるなり否定するなりしていくわけですが、3歳ですからまだ呼吸機能検査等が十分受けられないので、あくまで「疑い」といっているのだと思います。喘息と疑っておいてあとから違ったという場合にはよいですが、実は喘息だったのに、全く気がつかれずに後からわかったという場合に、対応ができていなくて一番辛いのはお子さんでしょう。少しでも疑いがあるのなら、それに沿った対応をしたほうがよいと思います。疑いがあるということは、そのように考えた理由があるはずです。その医師にどのような対応をしたらよいか、直接聞いてみてはいかがでしょう。 (循環器科看護師)

わが子が喘息ではないことを願うのは親心として当然ですが、喘息である可能性も視野に入れた対応をすることが大切です。不安があれば医師に相談して、適切な対策を早め早めに行えるようにしていきましょう!


2014/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)