心筋炎

風邪と間違われやすい心筋炎、その症状と対処法について

風邪と同じような症状でも、いつもの風邪とは違う様子があれば積極的に医師に相談しましょう。不整脈や胸の辺りの違和感があると、もしかしたら心筋炎かもしれません。命に関わることもある病気なので、基本的な症状と予防法を覚えておきましょう。

医師でも判断しづらい病気の一つです

心筋炎は、炎症を引き金に心臓の筋肉が破壊され、心臓がうまく働かなくなってしまう病気です。初期症状は普通の風邪と非常に酷似しているため見過ごされることも多く、命を落としてしまう危険性も潜んでいます。

初期症状は発熱や咳など、ほとんど風邪と同じ症状が挙げられます。なぜなら心筋炎の原因が、風邪ウイルスと同じウイルスによることがほとんどだといわれているからです。まれにインフルエンザウィルス、膠原病や川崎病、薬が原因になることもあります。

初期症状が進むと、数日後から倦怠感や筋肉痛、下痢などの症状が起きたりします。しかし、ウイルス性胃腸炎やインフルエンザの症状などとも似通っているため、これだけでは心筋炎かどうかははっきりしません。また、急に症状が起きる劇症型の場合もあります。胸の痛みを訴えたり、、チアノーゼ(顔色が悪くなる)、からだのむくみなどがあれば心筋症を疑い、早めに病院に行きましょう。

医師による診断方法は?心筋炎であるかどうかの決め手

すぐに心筋炎であると診断することは難しいため、聴診器による診察のほか、胸部X線検査、心電図、血液検査、心エコーなどのデータが重要になります。これらの検査結果で心筋炎かどうか見極め、そうであればすぐに治療が開始されます。

治療は強心剤や利尿剤などの薬物投与のほか、不整脈がある場合には体外式ペースメーカー、心不全の傾向が見られたら心肺補助装置などによる治療を行います。いずれにしても自宅療養ではなく、入院して集中治療を受けることになります。

心筋炎にかかってしまっても、早期発見ができれば治癒率は高く経過も良好で、後遺症もほとんど残りません。しかし発見が遅れたり劇症型であったりすると、心機能が低下してしまい回復が遅れる可能性が高くなります。さらには心不全などにより死に至ってしまうこともあります。

心筋炎にならないようにするには

心筋炎のほとんどがウイルスによるものですから、風邪予防と同じように手洗い・うがいをしっかりして健康管理に努めることが一番の予防策です。また、風邪をひいたかなと思うときは、様子をしっかり観察しましょう。時間が経つにつれて重症化したり、痛みや息切れなど明らかにいつもと違う様子が見て取れたりした場合は、迷わず医療機関で診察を受けるようにしてください。早期発見が心筋炎の治癒率を高めます。


2015/08/26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事