僧帽弁閉鎖不全症

2015/08/26

子どもの心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」、その原因と症状・治療法について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもの心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」、その原因と症状・治療法について

肺からの酸素が戻ってくる左心房と、血液を全身に送るポンプのような役割の左心室のあいだにある僧帽弁の働きが悪くなることで起こる僧帽弁閉鎖不全症。治療の方法やタイミングをよく知ることが大切です。僧帽弁閉鎖不全症の原因や症状、治療法などについて紹介します。

僧帽弁閉鎖不全症ってなに?

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁が完全に閉鎖しないことによって、血液が左心室から左心房に流れこんで引き起こされます。通常は、心臓が拡張したときに僧帽弁が開き、心房から心室に血液が流入します。逆に収縮期になると、僧帽弁が閉じられて心室から大動脈へと血液が流れます。僧帽弁の閉鎖が不完全な場合、収縮するときに血液の一部が左心房へ逆流してしまい、心室の仕事量が増えて、心房が受け取る血液量が増えて拡大します。逆流の程度によって症状は異なり、ひどい場合には合併症を引き起こすケースもあります。

僧帽弁閉鎖不全症の原因

僧帽弁閉鎖不全症の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。先天性の場合は、僧帽弁の形態的な異常や、逸脱です。後天性の場合は、膠原病の血管病変や感染性心内膜炎、リウマチ熱、川崎病などの合併症として発症します。また、小児期のリウマチ熱の後遺症として将来発症することもあります。

僧帽弁閉鎖不全症の症状

僧帽弁閉鎖不全症は、急に発症したり無症状で経過したりすることがあります。逆流が高度の場合、動くと息が切れたり、疲れやすくなったり、呼吸困難になったりといった症状が現れます。さらに悪化すると、心房に負荷がかかって不整脈になることもあります。

僧帽弁閉鎖不全症の治療

僧帽弁閉鎖不全症に気付いたら、症状が出る前に治療を行うことが大切です。軽度の場合でも、さらに症状が悪化することもあるため、定期的に受診と検査を行いましょう。

治療には、内科的治療法と外科的治療法があります。内科的治療法は、逆流量を減らすことで、心臓の負担を軽減するのが目的です。血管を拡張する薬を使ったり、抗凝固療法を併用したりします。心不全になった場合には、尿の量を増やす利尿薬を使います。外科的治療法は、内科的治療でも心不全が改善しないような悪化した状態の僧帽弁閉鎖不全症に行います。壊れた弁を修復する弁形成術や、僧帽弁を人工の弁に置換する人口弁置換術などが、一般的な手術です。これらの手術は、自覚症状や弁の逆流の原因や程度を、心臓カテーテル検査や心臓超音波検査などで調べたのちに、手術をしてよいかどうか判断され実施されます。

僧帽弁に逆流性がある場合、細菌に感染しやすいという特徴があります。そのため、感染性心内膜炎を引き起こす可能性も高く、発熱や抜歯、外科的処置などの際には抗生物質を飲んで予防する必要もあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加