水分摂取

2015/08/31

水分をほしがる10カ月の子…1日の水分摂取の目安は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

水分をほしがる10カ月の子…1日の水分摂取の目安は?

子どもに水分を与えるとき、欲しがるだけ与えてもよいのでしょうか。特に喉が渇く夏場などは多くの水分を欲しがりますが、少し飲みすぎではないかと心配するママに、医師や看護師さんたちからのアドバイスです。

ママからの相談:「10カ月の子ども。水分や汗で失われた塩分補給はどうすれば?」

10カ月の子どもですが卒乳してから水分をよく欲しがり、お茶だけでも1日800ml程度飲みます。この月齢だと1日200ml程度が目安と聞き、飲みすぎだと思うのですが汗もよくかくので脱水が心配です。お茶以外にも子ども用のスポーツドリンクなどを飲ませた方がよいのか、また汗で失われた塩分補給のためにも離乳食に塩やしょうゆなどで味付けをした方がよいのでしょうか。今はかなり薄味で、味付けは出汁のみです。(20代・女性)

1日の水分摂取量の目安は体重1kgに対し100ml

この時期の子どもの水分摂取量は、体重1kgに対して100mlが目安とされているので摂り過ぎということはないでしょう。汗をかく季節は失われた電解質を補うために、お茶以外にポカリスエットなどを与えるのもよいです。

小さい子どもの1日の水分摂取量は体重1kgに対し100mlなので、たとえば体重が8kgなら800mlの水分が必要になります。母乳以外でこれだけ摂ると飲みすぎですが、卒乳しての水分摂取なので800mlでも問題ないですし、よく汗をかくようなら少し多めに摂っても構いません。お茶以外でもお子さんが飲めるものでよいですが、炭酸飲料や市販のジュースは糖分が多く含まれているものがあるので注意してください。(産科看護師)
味噌汁やスープなど、水分を多く含む食事を摂っているのならお茶の量は少し控えめがよいですが、体重に対して倍以上の水分量でなければ厳密に計算して制限する必要はありません。喉が渇いているのにお茶も飲ませないのは可哀想ですし、おっしゃるように脱水の心配もあります。(産科看護師)
汗でナトリウムやカリウムという電解質も体から出ていってしまうので、果汁や子ども用のポカリスエットを飲ませるのもよいと思います。夏は暑いので赤ちゃんもよく汗をかき、室内にいても熱中症から脱水になることもあるので注意が必要です。外出時は帽子をかぶらせる、長時間出ない、部屋の中でもクーラーを28℃以上に設定して直接風が当たらないように、ある程度涼しくしてあげてください。(内科医師)

食事の味付けは薄味が基本

子どもは腎臓の機能が未熟なため、塩分の摂りすぎは身体によくありません。塩分補給は普段の食事からでも十分なので、このまま薄味を続けてください。

失われる塩分は普段の食事からで十分で、塩分の摂りすぎは口渇を強め電解質のバランスを崩すため、食事はできるだけ減塩を続けてください。(産科看護師)
塩分は子ども用ポカリスエットなどで少量補えば十分なので、食事の味付けは濃くしなくても大丈夫です。赤ちゃんの腎臓はまだ未熟なため、塩分は負担になってしまう可能性があります。(内科医師)

体重1kgに対し100mlが目安ですが、この倍以上の水分量でなければ飲みすぎにはならないようです。塩分に関しては特に食事の味付けを濃くする必要はなく、お茶以外に子ども用のポカリスエットなどを時折与えるとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加