新生児・乳児のお世話・トラブル

2016/07/05

夏場の脱水が心配・・・1歳の子の水分補給、どうすれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

夏場の脱水が心配・・・1歳の子の水分補給、どうすれば?

汗をかく暑い時期は、適切な水分補給が大切です。水分を摂らせたいのに、子どもが嫌がって飲まないことに悩むママから相談がありました。お医者さんや看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「母乳の出が悪いのに麦茶などを飲まず、脱水が心配」

暑い時期の子どもの水分補給についての質問です。1歳になったばかりの子どもがいます。今まで完全母乳で、お風呂あがりや食後に麦茶や赤ちゃん用のイオン飲料を飲ませているのですが、一口でぺっと出しています。母乳も段々出が悪くなってきており、これから暑くなると脱水がとても心配です。母乳だけでは足りないと思います。無理にでも麦茶やジュースなどに慣れさせていくしかないのでしょうか。(20代・女性)

夏は脱水に注意を

汗をたくさんかく季節の、熱中症や脱水対策について教えてくれました。

夏は暑いので小さい子どももよく汗をかきます。室内にいても熱中症から脱水になることもあるので注意が必要です。外に行くときには帽子をかぶらせ、長時間出ないようにしましょう。部屋の中では、クーラーを28℃以上に設定して直接風が当たらないようにし、ある程度涼しくしてあげてください。汗をたくさんかいているので、喉が渇いて水分を欲しがっていると考えます。(腎臓内科医師)

飲料以外でも水分補給は可能

麦茶やイオン飲料以外でも、食事などから水分補給は可能です。夏場の水分補給のポイントについてアドバイスがありました。

水分不足は心配ですが 無理に飲ませる必要はありません。小さいお子さんの1日の水分摂取量の目安は体重1kgに対して、100mlです。お子さんが10㎏でしたら、1000mlの水分が必要ですが、必ずしも水分を与える必要はありません。離乳食は比較的、水分を含むものが多いので、食事に含まれる水分も1日の摂取量に計算してください。(消化器科看護師)
お茶を嫌がるのでしたらジュースやゼリーでもいいですし、水分の代わりに果物でもかまいません。また、子どもは氷が好きですから、お茶の氷を口に含ませてみてください。熱い季節はアイスでもいいですが、冷たいものはお腹を壊しやすくなるので、あげすぎに注意してください。(消化器科看護師)
汗でナトリウムやカリウムという電解質も出ていってしまうので、果汁なども少量飲ませてあげてもよいでしょう。塩分に関しては、子ども用イオン飲料などで少量補えば十分なので、味付けを濃くしなくても大丈夫です。赤ちゃんの腎臓はまだ未熟なので、塩分は負担になってしまう可能性があります。(腎臓内科医師)

夏場は熱中症にならないよう、涼しく過ごせる工夫をしてあげましょう。水分補給は麦茶などのほかにも、離乳食やゼリーなど水分の多い食品などを活用するとよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加