便秘

2015/08/28

便秘気味の2カ月の娘、母乳以外に白湯も飲ませるべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

便秘気味の2カ月の娘、母乳以外に白湯も飲ませるべき?

赤ちゃんの便秘は水分不足が原因ともいわれますが、どのように対処するのがよいでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「便秘気味の赤ちゃん、水分不足が原因?」

2カ月の娘は完全母乳ですが、便秘気味で自然にウンチが出るのは1週間に1~2回程度です。毎晩の沐浴や、入浴の前に綿棒で刺激してウンチを出すようにしています。インターネットには、水分不足が原因で便秘気味になるとありましたが、母乳以外に麦茶や白湯を飲ませた方がよいのでしょうか。それとも、欲しがらなくても母乳を多めに飲ませた方がよいでしょうか。(20代・女性)


便秘かどうか見極めて。腸内環境が整っていない可能性も

週2~3回でも便がやわらかければ、便秘ではないようです。腸内環境が整っていないことが原因でも便秘になります。

ウンチの回数は何回くらいでしょうか。もし2~3日おきでも、便がある程度やわらかくて元気なら心配はありません。もし赤ちゃんがいくら力んでも水っぽい便さえ出なかったり、便が固いなら便秘の可能性があります。(内科医師)
生後2カ月になると、腸が成長し、長時間、便をためることができるようになります。便秘の定義にはっきりしたものはありませんが、1週間に1~2回の排便があるのでしたら、便秘とはいえないでしょう。(産科・婦人科看護師)
赤ちゃんの腸内環境が整っていない可能性も考えられます。自然分娩の場合、赤ちゃんは産道を通りながら菌を取り込んで腸内環境を整える準備をするといわれますが、帝王切開で生まれた場合は整わないこともあります。 生まれた後は、母乳に含まれているオリゴ糖が、腸内にいる善玉菌のエサになり、腸内環境が整えられていきます。 (内科医師)

水分補給やお腹のマッサージを。母乳の質の低下も原因に

水分不足が原因なら、授乳回数を増やしたり白湯などを飲ませましょう。母乳の質の低下が原因になることもあります。無理な産後ダイエットは控えましょう。

水分不足の可能性もあるので、お風呂上りの、授乳に影響のない時間に白湯を飲ませたり、麦茶や砂糖水を少しずつあげてみてください。お腹がいっぱいになって母乳を飲まなくならないように、1回20~30ccずつ、1日100~150ccぐらいを目安に、少しずつ飲ませましょう。(内科医師)
水分不足が原因の場合、授乳の回数を増やすか、ミルクを足して様子を見るか、オリゴ糖を溶かしたお湯を飲ませてください。(産科・婦人科看護師)
昼間、起きているときは手足を動かして運動させましょう。オムツ交換のときには、お腹のマッサージをするといいでしょう。(産科・婦人科看護師)
綿棒で刺激するときは、肛門を傷つけないようにオリーブオイルをたっぷりつけて、綿棒の先の方だけを入れるようにしてください。授乳後30分くらいが腸の動きが活発になっています。授乳後に行ってください。(産科・婦人科看護師)
産後の無理なダイエットなどで母乳の質が低下し、オリゴ糖が足りないこともあります。赤ちゃんの機嫌やウンチの状態を見て、必要ならば水分を少しずつあげてみましょう。(内科医師)

水分不足が便秘の原因になることもあるようです。様子を見て、必要ならば授乳回数を増やすか、白湯を飲ませるなどして、水分を補いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加