新生児・乳児のお世話・トラブル

ベビー用日焼け止めは大丈夫?赤ちゃんの日焼け対策とは

日差しが強い季節には紫外線が気になります。赤ちゃんの日焼け対策はどうすべきでしょうか。赤ちゃん用の日焼け止めクリームもありますが、肌に影響はないのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「赤ちゃんの日焼け対策について」

現在、2カ月の赤ちゃんを育児中です。最近、日差しが強くなってきて、赤ちゃんが日焼けしないか、皮膚ガンのリスクが高くならないかと心配です。夏場はあまり外に連れて行かない方がよいのでしょうか?ベビー用の日焼け止めを買いましたが、のびが悪く、赤ちゃんの毛穴をふさいでしまわないか心配です。ベビー用日焼け止めのリスクや選ぶときのポイントがあれば教えてください。

日差しの強い時間帯は避けて、できれば帽子で日焼け止めを

赤ちゃんの肌はとても繊細です。できれば帽子や日傘で日焼け止めをした方がよいようです。日差しの強い時間帯を避けてお散歩に出かけましょう。

子どもの頃に浴びた紫外線が蓄積され、大人になってからシミやシワになったり、肌の弱い人は皮膚がんのリスクが高まると考えらえています。(産科・婦人科看護師)
紫外線は免疫力低下や皮膚がんのリスクを高めるため、赤ちゃんにとってもあまりよいものではありません。しかし、紫外線によってビタミンDが合成されるため、ひきこもるのもよくありません。10~14時は暑くて日差しが強いので、なるべく出歩かず、それ以外の時間に15分くらいのお散歩をすれば、赤ちゃんにとっては十分です。(内科医師)
赤ちゃんの皮膚は繊細なので基本的に日焼け止めは塗らず、お母さんが抱っこして日傘をさしたり、紫外線対応のケープをかけたり、肌を露出させず、日陰を歩くなど、気をつけてあげましょう。(内科医師)
生後3カ月を過ぎると、日焼け止めを使用してもよいという意見もありますが、生後まもない赤ちゃんの肌は敏感です。お子さんが自分で歩かないうちは、日焼け止めより、服や帽子、日よけなどで、直射日光を防止してください。(産科・婦人科看護師)

日焼け止めは月齢に合ったものを。使う前にかぶれないか確認

日焼け止めを使う場合は赤ちゃんの月齢に合ったものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めを選ぶ際には、子ども用であることが前提ですが、肌によっては、かゆみやかぶれを起こします。太ももの内側など、皮膚の柔らかい部分に薄く塗って、かぶれたりしないか、確認してから全身に使用してください。(産科・婦人科看護師)
ベビー用の日焼け止めであれば大丈夫ですが、日焼け止めを買うときは適応のある月齢を確認しましょう。 (内科医師)
汗をかくと、せっかく塗った日焼け止めが落ちてしまいます。2時間を目安に塗ってあげてください。その際には、濡れたタオルで軽く拭いてから塗るようにしてください。日焼け止めを塗った日は、入浴時に石けんの泡で、ていねいに洗い流してください。(産科・婦人科看護師)
日焼け止めを落とすときは、ごしごしこすらずに優しく洗ってあげて保湿をするようにしてください。(内科医師)

暑い季節は日差しのきびしい時間帯を避け、帽子をかぶせてお散歩するのがよいようです。日焼け止めを使うなら月齢に合ったものを選び、かぶれないかチェックしてから使いましょう。


2016/07/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)