更年期障害

40歳になってから生理前に胸の痛みが…原因は更年期?

生理前に起こる月経前症候群、PMSに悩む女性は少なくありません。今回の相談者は40歳をすぎてから生理前に胸が痛むようになったという女性です。専門家からはどんな回答が寄せられたでしょうか。

PMSについての相談:「最近、生理前に胸が痛むようになりました」

40歳になりますが、最近、生理の1週間くらい前になると、胸が張って痛くなったり、むくみが出ます。初めて生理になった頃のような感じで、生理が始まるとおさまりますが、何かよい対処法はないでしょうか。また生理の初日に必ず下痢になります。1度だけでおさまるものの、毎回なので原因が知りたいです。更年期の始まりなのでしょうか。(40代・女性)

ホルモンの影響で起きるPMS。毎回同じ症状とは限らない

生理前の症状はホルモンの影響で起きますが、同じ症状が繰り返されるわけではないようです。

更年期は閉経が起こる前後5年間ほどの時期のことをいいます。女性ホルモンの減少によって汗が急に出たり、めまいがしたり、下痢をするなど、さまざまな症状が出ることを更年期障害といい、大体40歳後半になることが多いです。40歳になったばかりなら更年期になるにはまだ若いので、月経前症候群(Premenstrul Syndrome, PMS)かもしれません。(内科医師)
生理の1週間前に増加するプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、身体のむくみ、胸の痛み、めまい、身体のほてり、イライラなどの症状が出ます。(内科医師)
生理前の胸の張りは、黄体ホルモンの影響です。排卵から生理までの高温期に黄体ホルモンの分泌が多い人や、黄体ホルモンに敏感に反応する人は、胸が張りやすくなります。(婦人科看護師)
黄体ホルモンは腸の動きを抑えるため、生理が始まるまでは便秘気味になる人もいます。生理が始まったとたん、腸の動きがよくなり、下痢になるというわけです。(婦人科看護師)
生理前の症状はそれぞれですし、毎回、同じ症状とは限りません。年齢を重ねると、頭痛や吐き気以外にうつ傾向になったりイライラしたりと、精神面の症状も現れやすくなります。(婦人科看護師)

ストレスや病気が原因のことも。場合によっては受診を

ストレスや病気が原因で起きることもあります。症状が重いときには産婦人科を受診しましょう。

最近、症状が強いとのことですが、強いストレスがかかるようなことはなかったでしょうか。強いストレスや寝不足などがあると自律神経も乱れ、PMSの症状に影響します。(内科医師)
生理前には油っこいものやチョコレート、辛い食べ物などは避け、忙しくてもお風呂にゆっくりつかり、普段よりも睡眠を取るよう努力して、規則正しく生活しましょう。これによりPMSの症状が緩和することがあります。(内科医師)
あまりに辛くて日常生活に支障をきたすようならば、漢方やピルを処方してもらえますので産婦人科での受診を検討してもよいでしょう。(内科医師)
胸の張りは、乳腺炎や乳がんがベースとなっている場合もあります。いつもと違うなと感じたら病院で受診してください。受診は、胸の張りが治まった生理後がいいでしょう。(婦人科看護師)

PMSは規則正しい生活や、食べ物に気をつけることで軽減することがあります。症状が重くなったり、いつもと違うと感じたら、産婦人科を受診しましょう。


2015/08/30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)