子供の心

2015/08/31

感情的になると制御できない娘・・・どう接すればいいの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

感情的になると制御できない娘・・・どう接すればいいの?

泣いたり怒ったり、感情をコントロールできない子ども。親としてはつい叱ってしまいがちですが、そんな子どものため、親はいったいどうしてあげるのがよいのでしょうか。

ママからの相談:「娘が感情をコントロールできない」

小学2年生の長女は、感情をコントロールできません。悔しいときや悲しいとき、こぶしを強く握って唸り始めます。妹とケンカした際に叱ると、周りの声が耳に入らなくなって泣くばかり。言い聞かせようとするとヒートアップするし、話をしようと待っても落ち着きません。どうしてあげるのがよいのでしょうか。(30代・女性)

親としてやってはいけないこと

小学生といえばまだ子ども。専門家によると、感情を抑えたりコントロールすることがまだまだ難しい年頃であることを、まずは大人側が理解する必要がありそうです。

自分の感情がコントロールできず、ストレスの発散法もわからなく、ただ、泣いて暴れることしかできない年齢のお子さんから話を聞こうとしても、無理があるでしょう。怒るのは逆効果です。(産科・婦人科看護師)
「もうお姉ちゃんなんだから」「お姉ちゃんは我慢しなさい」という言葉は、お子さんにとって大変なプレッシャーです。自分の感情を押し殺してしまいますから、決して使わないようにしてください。(産科・婦人科看護師)

何があってもお母さんは味方!という安心感を

子育て中は、親も子も初めての経験だらけですが、子どもにとって母親はたった一人。幼いうちに、お母さんは自分の味方だという強い自信を育ててあげることが大切です。

日頃から、お子さんとコミュニケーションをとって、話しやすい雰囲気を心がけてください。何があってもお母さんは味方でいること、安心できる存在でいてあげることがとても大切です。(産科・婦人科看護師)
お母さんを妹さんにとられたという、赤ちゃん返りの気持ちがどこかにあるのかもしれません。小学2年生といってもまだまだ子どもですから、できるだけ甘えさせてあげてください。(産科・婦人科看護師)
何もなくても時々抱きしめてあげて、彼女があなたにとって大切な存在であることを伝えてください。(産科・婦人科看護師)
お子さんが好きなこと、できれば運動など体を動かすことをさせて、ストレスを発散させてください。何か夢中になれることが見つかれば、些細なことでは怒らなくなります。(産科・婦人科看護師)

心も身体も成長段階の子どもにとっては、お母さんからの愛情たっぷりの抱擁が一番の薬。時には二人っきりで、思う存分甘えさせてあげるのがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加