夜泣き

毎日、夜中に泣き叫ぶ2歳半の娘・・・対処法は?

夜泣きは一般的に1歳半から2歳頃には徐々に治まることが多いもの。2歳を過ぎても就寝中に目を覚ます子どもには、どのように対処するのがよいのでしょうか。

ママからの相談:「2歳半の娘が、夜中に何度も泣き叫びます」

本人は覚えていないようですが、2歳半の娘が夜に目をつぶったまま叫んだり、泣いて目を覚まします。昼寝はせず、19時頃寝て、朝6時頃に起床します。昼間は友達と遊ばせたりして体を動かすよう心がけているのですが、朝まで泣かずに寝ることはあまりありません。対処法があったら教えてください。(30代・女性)

日中のささいなことが、刺激になっていることも

夜泣きが早く治まる子もいれば、長く夜泣きをする子もいます。子どもには個人差があるのが普通。夜泣きの原因はどんなことで、そのとき、お母さんはどうしてあげるのがよいのでしょうか。

1歳半を過ぎると夜泣きをせず朝までぐっすり眠る傾向にありますが、個人差があります。小さいお子さんは、初めて見たものや体験したことが刺激となったり、夢と現実の区別がつかずに目が覚めたときに泣くことがあります。(産科看護師)
目覚めて泣くときは、怖い夢を見ている場合があります。お母さんが側にいてあげて、背中をポンポンしたりさすってあげて、安心感を与えてください。本人は覚えていないでしょうから、原因をさぐる必要はありません。(産科看護師)

生活リズムを整え、1日10時間以上の睡眠を

大人には日常的な普通のことも、子どもにとっては大きな刺激になるわけですね。母親としては、夜泣きによる睡眠不足も気になるところですが、専門家はどう考えているのでしょうか。

夜泣きをしてもすぐに再入眠できますか。2歳半でしたら、昼寝をしなくても1日に10時間以上の睡眠がとれていれば心配ありません。(産科看護師)
今、行っているように昼間は体を動かしよく遊ばせ、食事の時間や就寝の時間をなるべく一定にして、生活のリズムを崩さないようにしてください。(産科看護師)

夜泣きが続くとお母さんにも大きな負担になりますが、親子の信頼関係を築くための大切な時期でもあります。一定のリズムある生活を心がけ、泣いたら優しくあやしてあげるのがよいようです。


2015/08/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)