体重管理

2015/09/07

退院時より1.5kg増・・・完全母乳で赤ちゃんの体重管理は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

退院時より1.5kg増・・・完全母乳で赤ちゃんの体重管理は?

赤ちゃんがすくすくと育っていくのは何よりもうれしいことですが、体重が増えすぎだといわれたらどうすればいいのでしょうか。果たして、赤ちゃんにもダイエットが必要なのでしょうか。

ママからの相談:「赤ちゃんの体重増加について」

完全母乳で育てている息子の1カ月健診で、退院時より体重が1.5kg以上増えていました。少し増えすぎのようですが、母乳のみなら減らしようがないので、どうしようもないそうです。授乳間隔の調節など、何か対処した方がよいのでしょうか。現在は3時間おきの授乳で、欲しがって泣くときは間に授乳することもあります。(20代・女性)

赤ちゃんに特別なダイエットは不要

まだ生後1カ月の赤ちゃん。専門家の間では、現時点ではダイエット不要という意見がほとんどです。それでも心配なら、専門家の意見を参考に毎日体重を測ってみるのもよさそうですね。

赤ちゃんが欲しがるようでしたら、授乳してください。生後1カ月で体重が1.5kg増えても、今の段階では特に心配ありません。(産科看護師)
もう少し成長すると夜の睡眠時間が長くなって、夜間の授乳回数も減ってきます。また、離乳食が始まったり、お子さんが自分から動くようになったり身長が伸びてくると、いくら授乳しても足りなくなることもあります。(産科看護師)
体重が増えるからと、お腹を空かして泣いている赤ちゃんに我慢させるのは、お母さんの立場ではつらいことでしょう。赤ちゃんにダイエットは必要ありません。赤ちゃんが欲しがるようでしたら、欲しがるだけ授乳しても問題ありません。(産科看護師)
母乳だけの場合は赤ちゃんが飲んでいる量を把握しにくいので、毎回でなくても構いませんから、授乳前後の体重を測ってみてください。難しければ、毎日、同じ時間に体重を測って、1日に30gの体重が増えていれば問題ありません。また、それ以上増えていても成長曲線以内でしたら、厳密にミルクの量を制限する必要はありません。(産科看護師)
基本的には3時間おきの授乳として、欲しがって泣くときも我慢させて、間にあげないようにすると体重の増加自体は抑えられると思います。1~2カ月は泣いて大変かもしれませんが、赤ちゃんも徐々に落ち着いてくることが多いです。(産科看護師)

気をつけたい、赤ちゃんからのサイン

いろんな赤ちゃんがいて、パターン通りにはいかないのが育児。いつも神経をとがらせておく必要はありませんが、こういうこともあると知っておいた方がよいこともありそうです。

夏などで暑いときには、いつもより水分が必要で泣いている場合もあります。体重を測るなどしながら適宜、調整してくださいね。(産科看護師)
赤ちゃんが母乳を欲しがるのは、お腹が空いているときとは限りません。安心を求めて母乳を欲しがって泣くこともあります。(産科看護師)
赤ちゃんがおっぱいを飲んですぐに寝るけれど、その後すぐ起きてしまうということはありませんか。それは飲みすぎのサインかもしれません。大人と同じで、お腹がいっぱいのときは横になると苦しいからです。すぐに起きてしまうようなら注意してみてください。(産科看護師)

食欲は健康のバロメーター。多少体重がオーバーしていても、医師から指導がないようなら特に制限せず、ほしがるだけ安心して授乳を続けてよさそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加