教育

将来や勉強に自覚がない中2の息子、どう指導すれば?

子どもが中学生にもなると、子どもの将来や勉強のことについて気にかかるのが親心。ところが、当の本人にほとんど自覚がないように見えると、親のほうが焦ってしまいます。よい人生を送ってもらうために、どう指導していったらよいかという相談に対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「将来や勉強の指導について悩んでいます」

息子が中学2年生となり、親としては、将来や勉強のことが気になるのですが、本人の自覚がほとんど感じられず、のんびりと過ごしています。しっかりしていると思う部分もありますが、幼いと感じることもしばしば。どう伝えても心が動かないように感じられ、どう指導して伝えたら本人が自分から自分の人生を謳歌できるか、何かと世知辛い世の中への対応はできるのだろうかと心配している現状が続いています。 (40代・女性)

基本的なことができていれば心配しすぎる必要なし

将来や勉強について心が動かない理由としては、興味がないか、何か悩みや理由があることが考えられます。最低限のことがきちんとできているのであれば、心配しすぎる必要はありません。指導に焦るのではなく、寄り添う努力をする方がよいでしょう。

心が動かないのは、興味がないのでしょう。好きなことは、集中してできていますか?勉強が好きな子はあまりいないと思いますから、最低限、必要な学習を行っていればいいのではないでしょうか?やらなければならないこと、期日を守らなければならないことができていれば、さほど心配しなくてもいいかと思います。(産科看護師)
将来や勉強について心が動かないのは、何か理由があるのかもしれません。こちらの文面だけなので何ともいえませんが、よくある悩みに「今の勉強が将来役立つかわからない」「将来の夢がよくわからなくなってきた」などが挙げられます。お子さんが何を考え、どうしていきたいのか、親として指導というよりは、一緒に考え寄り添っていくとよいでしょう。(健康管理科看護師)

主役は子ども自身。焦ったり比べたりせず、子どもに任せて

子ども自身の人生に関して、子どもには子どもの考えがあるもの。親が焦ったりほかの子と比べたり、先回りして何かしてあげようとするのではなく、一緒に考える姿勢で見守ってみてはというアドバイスでした。

先のことはわかりませんし、お子さんが自分の将来をどのように考えているのかわかりませんが、お子さんにはお子さんの考えがあると思います。失敗して、自覚させることも必要です。お母さんが先回りして世話をやくと、自分では何もできない子になります。少しお子さんに任せていいのではないでしょうか?誰にでも自分のペースがありますから、他の子と比べず見守ってあげてください。(産科看護師)
お子さんに対する希望や期待は誰しも抱きますが、主役はあくまでお子さんです。お子さんが幸せになるために、焦らず、じっくりと一緒に考えていけたらよいですね。(健康管理科看護師)

子どもが自分の将来や勉強について自覚がないように思えても、基本的なことができているのであれば、焦る必要はありません。主役は子ども自身ですから、親が先回りするのではなく、子どもに任せて見守るのがよいでしょう。


2015/09/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)