友達とのトラブル

2015/09/16

嫌がらせも・・・悩む息子に、突っ込んで話を聞くべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

嫌がらせも・・・悩む息子に、突っ込んで話を聞くべき?

子どもが学校で仲間外れや嫌がらせに遭っている場合、親はどのように対処するのがよいのでしょうか。思春期の息子があまり状況を話してくれないため、どこまで突っ込んでよいかわからないという相談に対し、看護師さんたちは何と答えているでしょうか。

ママからの相談:「息子の友人関係の悩みに、どこまで介入してよい?」

息子の中学の部活での友人関係があまりよくないようです。暴力こそありませんが、仲間外れや嫌がらせなどで休んだ日もありました。部活の顧問で、クラスの担任でもある先生に電話で相談したところ「思うように動くから安心しろ」と、頼れる言葉を発してくれましたが、息子も年齢的に自分のことを話さず、また先生にいわれたくないという気持ちもあるようです。こちらもどこまで話も突っ込んで聞いていいのかがわかりません。(40代・女性)

思春期だからと遠慮しすぎず、いつも味方でいて

確かに自分のことを話しにくい年齢ではありますが、今まさに親の助けを必要としている可能性があります。何があっても味方であることを知らせて、逃げ場を作ってあげましょう。こんなときは、お父さんの出番かもしれません。

こちらの文面を見る限りでは、お子さんはかなりつらいご様子かと思います。親御さんの助けを必要としているかもしれません。そこを思春期だからとの理由で親御さんの方から話しかけられないと、お子さんを助けることはできません。お子さんに直接すべて聞くという形でなくても、「最近元気ないけど大丈夫?お母さんはいつでもあなたの味方だからね。何でも話を聞くからね」という姿勢をしっかりと見せてあげてくださいね。(健康管理科看護師)
お子さんが部活も休まずに行くようでしたら、見守る気持ちで、お母さんは、お子さんにとって逃げ場になるよう、いつもお子さんの味方でいてください。お子さんの親しい友達に、こっそり様子を聞いてもよいと思いますが、お子さんが気にしていないようでしたら、黙って見守っていてよいと思います。(産科看護師)
お子さんが気分転換できることや、好きなことをさせてあげてください。お母さんに話さないのでしたら、お父さんはどうでしょうか?男同志の方が、話しやすいかもしれません。(産科看護師)

必要に応じて学校の先生とのよい連携を

親の観察と、先生からの状況報告に基づき、一緒に対策を考えるのがベストです。

お子さんが実際にどのようなことをされているのか、先生はどこまで把握しているのか心配だと思います。あまり話さないお子さんなら、余計に心配かと思います。お子さんの態度に変わったことはないか、常にお母さんは注意して見てください。学校に行かなくなるようでしたら、学校側とも対策を考えなければなりません。(産科看護師)
先生は頼りになりそうとのことでしたが、状況はしっかり報告してもらい、対策を聞いたり、一緒に考えていくようにしておくと安心です。(健康管理科看護師)

部活での人間関係に悩んでいる子どもが、あまり話してくれない場合でも、親がいつでも味方であることを知らせて逃げ場を作ってあげましょう。家での観察とともに、学校の先生との連携も含め、必要な助けを差し伸べられるように現状の把握に努める必要があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加