身体の発達

2015/09/12

ハイハイ、後追いもできない9カ月・・・発達に問題あり?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ハイハイ、後追いもできない9カ月・・・発達に問題あり?

子どもの成長には個人差があることはわかっていても、「一般に、この月齢ではできるはず」とされていることがまだできないと、どうしても不安になってしまいます。発達専門の病院を受診すべきだろうかという質問に、看護師さんたちは何と答えているでしょうか。

ママからの相談:「9カ月を過ぎてハイハイ、つかまり立ちができない」

9カ月半の男の子の発達のことで心配になり、ご相談させていただきました。今、ずり這いをしますが、まだハイハイ、つかまり立ちをしません。1人で座ることもできず、検診の項目を見るとできないことが多く、心配です。たとえば、9カ月~10カ月検診の項目にある「後追い」もしません。寝かしつけも主人で大丈夫です。寝返りも6カ月と遅めでした。専門の病院などに診せる方がよいのでしょうか。

検診で何もいわれなければ、受診の必要性は低い

子どもの成長には個人差があり、一般的にいわれている時期や順番と一致するとは限りません。保健所の検診で何もいわれていなければ、心配しすぎることはないようです。

お子さんの成長は、個人差がありますので、保健所の検診でみてもらって何もいわれていなければ、病院に行く必要性は低いでしょう。何もかもはじめてのことなので、不安も大きいかと思いますが、検診には必ず行き、そこでアドバイスをもらうようにするとよいですよ。(健康管理科看護師)
子どもの成長は様々です。寝返りができて、ハイハイ、お座り、つかまり立ち、歩き出すと成長過程をたどりますが、必ず順番通りというわけではありません。お座りをとばして、いきなり立ち上がる子もいれば、つかまり立ちまでは早かったのに、2歳くらいでやっと歩き出す子もいます。(産科看護師)

自閉症の兆候がある場合は相談を

人見知りや後追いをしないことは、自閉症の兆候の一つといわれているものの、必ずというわけではないうえ、子どもの性格とも関連があるため、現時点での判断はつきにくいとのこと。他の症状も含め、どうしても気になるようであれば、専門家に相談してみるのもよいかもしれません。

1歳近くになると、親と他人の区別がはっきりできるようになり、人見知りするようになります。一般的には8~9カ月がピークといわれていますが、これも必ずというわけではありません。自閉症の子は、後追いしないといわれていますが、後追いする子もいます。お母さんがいなくなると後追いするのですが、お母さんが近くに来ても、関心をみせなかったりします。(産科看護師)
自閉症の特徴としては、視線が合わない、あまり笑わない、こだわりがある(たとえば、気に入ったおもちゃで何時間でも一人で遊ぶなど)、発語が少ないなどありますが、お子さんの性格もありますから、今の段階で、発達障害の判断は難しいと思います。次の検診で尋ねてみてもいいですが、気になるようでしたら、発達障害センターや、保険所で保健師に相談してください。(産科看護師)

子どもの成長には個人差があるため、一般的にいわれる時期に必ずハイハイなどができるようになるわけではありません。保健所の検診で何もいわれていなければ、現時点で受診の必要性は低いでしょう。自閉症の兆候がどうしても気になる場合は、専門家に相談してみるのも一つの方法です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加