細菌性腟炎

早産のリスクが高まる?細菌性膣炎の原因と症状、治療法について

膣内にある常在菌が、ストレスや免疫力の低下などの原因で繁殖してしまうことによって起こる細菌性膣炎。妊婦さんが罹ってしまうと、早産になる可能性が高くなるという統計が出ています。細菌性膣炎はどのように引き起こされ、どのような症状が見られるのでしょうか。細菌性膣炎になると必ず早産になってしまうのでしょうか。

細菌性膣炎の原因と症状

女性の膣の中は普段は乳酸菌が常在菌として大腸菌やその他の菌を押さえ、酸性の状態になっています。ところが乳酸菌が何らかの原因によって働かなくなると、これまで押さえられていた様々な菌が繁殖を始め、細菌性膣炎を起こしてしまいます。乳酸菌が働かなくなってしまう原因としては、体力や免疫力の低下のほか、膣内の洗いすぎも考えられます。また妊娠中のセックスも原因になると言われています。性感染症ではなく、あくまでも膣内の正常な状態が崩れてしまうことで起きる症状です。
主な症状として、オリモノの色が灰色っぽくなります。量は多くなくさらっとしたオリモノです。腹痛や出血が見られ、菌の繁殖による悪臭がすることもあります。膣の外陰部に痒みを伴う人もいるようです。
しかしなかには、細菌性膣炎に罹っていてもはっきりとした症状がないために気づかず、絨毛膜羊膜炎をさらに起こしてしまう人もいます。これは細菌性膣炎の原因となっている膣カルドネラ菌が子宮内へ侵入してしまい、赤ちゃんを守っている胎盤や羊水などに炎症を起こしてしまう病気です。こうなるとお腹が張ってしまったり破水を引き起こしてしまったりして早産になってしまいます。統計的には妊娠16週目までに細菌性膣炎が認められた場合、早産になってしまう可能性が5.5倍に、24週~37週目のときは2.8倍になると言われています。

細菌性膣炎の治療法と予防について

細菌性膣炎であることがわかったら、乳酸菌は殺さず、悪玉の菌を減らす膣剤が処方されます。これにより膣内が正常な状態に保たれるようになり、症状が改善します。また、生活習慣も見直し、食事や睡眠は規則正しくし、ストレスや疲労が溜まらないようにすることが大切です。気にしすぎて膣内を洗いすぎてしまうとせっかくの乳酸菌まで殺してしまうことになりますし、もともと膣内には自浄作用があるので洗いすぎには注意しましょう。妊娠中のセックスを避ける、コンドームを使用するというのも予防としては有効です。
細菌性膣炎は早期に発見し早期治療をおこなえば、早産のリスクも低くなるので、気になる症状がある場合は産婦人科で診てもらいましょう。女性が細菌性膣炎に罹っても、これは女性だけの病気であり性感染症でもありませんから、パートナーが検査を受ける必要はありません。
女性のオリモノは体調や病気のバロメーターにもなります。いつもと違うかなと思ったら、積極的に産婦人科医に相談するようにしましょう。


2015/09/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事