鼻血

「鼻血が出たらティッシュを鼻に詰める」はウソ!?

子供はよく鼻血を出すことがありますが、原因としては鼻の粘膜が弱かったり、またアレルギー性鼻炎がある場合、鼻を頻繁にすすったりすることで粘膜を刺激してしまうということが考えられます。鼻血が出た時の対処法として「鼻にティッシュを詰めて上を向いてじっと待つ」ということがよく言われますが、一方では鼻にティッシュを詰めるのは良くないという意見もあるようです。医療やヘルスケアの専門家が回答するQ&Aサイト「なるカラ」で、看護師さんたちは鼻血が出た時の対処法について、どのように説明しているのでしょうか。

鼻血の止血法についての相談:「鼻血をよく出す小学生。ティッシュを鼻に詰めて止血するのはあまり良くないと聞きましたが……」

お子さんがよく鼻血を出すのですが、ティッシュを詰めて止血するのはよい方法ではなく、鼻頭を圧迫して上を向くのが正しいと知人に言われたそうです。しかしママが子供の頃は「鼻血が出たらティッシュを詰める」が一般的だったため、何が正しいのかわからずに戸惑っています。

小学生の子供ですが、鼻血を良く出します。自分自身が小さい頃、鼻血が出た時にはティッシュを丸めて鼻の穴に詰め止まるまで待っていましたが、先日知人に「ティッシュを詰めるのは良くない。鼻頭をおさえて上を向いておいた方がすぐに止まる」と言われました。その方法だと、止まるまでずっと子供に付きっきりで鼻頭を押さえておかなければならず、ちょっとしんどいのですが、ティッシュを詰めてはいけないというのは、本当でしょうか。(30代・女性)

ティッシュを詰めると、鼻から抜く時に粘膜が傷つき再出血の恐れが!

ティッシュを詰めて鼻の中を圧迫することは悪いことではないですが、ティッシュを抜く際にカサブタがはがれてしまい、再出血してしまう可能性も。

子供のころは鼻の粘膜も大人に比べ傷つきやすいです。ティッシュで鼻の中を圧迫する方法はティッシュ自体が粘膜を傷つけてしまったり、取る時にカサブタをはがしてしまって再出血する可能性が高いため、私はあまりお勧めしません。(産科看護師)
ティッシュを詰めるのは、鼻の穴の内側から圧迫して出血を止めることなので、悪いことではないでしょう。ただ、鼻の粘膜が弱くなっている時に異物(ティッシュ)を入れてしまうと、余計に粘膜を傷つける恐れがありますので、ティッシュよりも柔らかい素材のものがあればいいのではないでしょうか。(耳鼻科看護師)

鼻血が出たら小鼻を押さえ5~15分待ちましょう。喉に下りてきた血液は飲み込まずに吐き出して

鼻血が出たら、まずお子さんを椅子などに座らせて、小鼻の少し上あたりを圧迫します。喉に下りてきた血液は、飲み込むと気分が悪くなって嘔吐しまう子もいるので、できるだけ口から吐き出すようにしましょう。たいていの場合5~15分ほどで鼻血は止まりますが、30分以上止まらない場合は病院を受診した方がよいかもしれません。

鼻血が出たら静かに椅子に座って顔を下向きにして、小鼻を5~10分程度、親指・人差し指で押さえるといいです。もし、ご家族や本人がじっと押さえているのが難しければ、ティッシュよりもやわらかい布等を用いて、あまり奥まで詰めないようにします。また鼻の血管を収縮させ出血を早く止めるために、鼻の部分をタオルなどで冷やすのも良い方法です。(耳鼻科看護師)
鼻血がよく出た子供の母親としての意見ですが、ティッシュや綿球で内側から圧迫しておいて、さらに小鼻の少し上あたりを指で外側から圧迫し、顔はそのまま前を向いて5~15分じっとしていれば止まることが多かったです。(看護師)
鼻を圧迫している時に上を向きすぎると、血液が喉を通り気分が悪くなることがありますので、少し見上げる程度でいいでしょう。喉まで来てしまった血液は飲み込まず、できれば吐き出すようにして下さい。(産科看護師)
以前は「鼻血が出たら上を向いて止まるまで待つ」というのが定説でしたが、現在では鼻から喉へ血が入ってしまい誤嚥(ごえん:誤って肺に入る)や嘔吐の原因となるため、上は向かないようにと言われています。喉に入ってしまった血液は吐き出すと良いでしょう。(耳鼻科看護師)

鼻の中から圧迫して止血するのは間違ったことではないですが、ティッシュだと抜き取る際にカサブタをはがしてしまい、再出血の原因になることがあると看護師さんたちは説明しています。できるだけ小鼻を圧迫するようにして、それが無理な場合は、ティッシュよりも柔らかい布などを使用するといいようです。また鼻血を頻繁に繰り返す時は、耳鼻科に相談してみるのもいいかもしれませんね。


2014/09/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)