妊婦は要注意!妊娠中になりやすい痔の原因とケア方法

実は妊娠中や産後、痔になる人が多いことを知っていますか? 妊娠後期や産後の時期には、実に約半数もの人が痔に関する何かしらのトラブルを抱えているというデータもあるほどです。そんな妊娠中や産後の痔について原因や種類、対処法などを説明していきます。

妊娠中にはどうして痔になりやすくなるの?

妊娠中、特に妊娠後期になり胎児が大きくなるにつれて、子宮によって直腸の血管が圧迫されやすくなります。そして、血液のめぐりが悪くなり肛門付近がうっ血しやすくなって痔になりやすくなります。
また、妊娠中に痔にならなくても、出産時のいきみで痔になってしまう場合も多くあります。産後、痔が痛くて座りにくいなどという悩みを抱える女性も多いくらいです。

妊娠中になりやすい痔の種類ってあるの?

妊娠中になりやすいと言われている痔は痔核(いぼ痔)と裂肛(切れ痔)の2種類です。
痔核には、外痔核と内痔核の2種類があります。外痔核は、肛門の付近にでき肛門の外側にでてしまうような痔核で、内痔核は、直腸の内側にできてしまう痔核です。多いのは外痔核で、肛門の外側に出てしまうと椅子に座ったりする際に痔核が当たっていたいなどという悩みに繋がります。
肛門内部に外痔核ができていた場合にも、出産のいきみで肛門の外に痔核が出てしまいそれ以降肛門内に戻らなくなるというケースもあります。
裂肛は、硬くて大きい便を出した際に肛門の出口付近が切れてしまう痔です。切れることによる出血や傷みによって気付きます。また、痔ろうという肛門付近から膿がでる痔につながる場合が稀にあります。そうなった場合には、すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

痔にならないためには便秘や下痢に気をつけた方がいい?

痔の大敵は、便秘や下痢です。硬い便が出てしまう便秘は、肛門の皮膚が切れる原因になったり、必要以上の腹圧によって肛門の辺りの血管に負担がかかる原因になります。その結果、痔になりやすくなるため、便秘にならないように日頃から食事などに気をつけましょう。 また、水様便のような下痢も実は肛門を通る際の勢いが激しいため、痔の原因の1つになります。
便秘や下痢以外では、長時間の立位や座位も痔に良くないと言われています。

痔の悪化や防止に対して普段から気をつけることはあるの?

痔を作らない、またはこれ以上痔を悪化させないようにするには、日頃のケアが大切です。日常生活で気をつけたい点がいくつかあります。

1.便秘を防止するために食事や運動に気をつけましょう
痔の大敵である便秘を防止するには、食物繊維の多い食物をとったり、乳酸菌を含むヨーグルトを食べ腸の調子を整えたりするのが一番です。また、適度な運動をすることも便秘防止になります。

2.お風呂につかり、下半身を温めましょう
下半身の冷えは肛門周りの血流が悪くなることに繋がります。下半身を温めるのに、ゆっくりとお風呂につかるようにしましょう。そのことで痔の痛みも軽くなります。

3.肛門部を清潔にしておくようにしましょう
温水洗浄便座のあるタイプのトイレではできる限り紙を使わず温水洗浄便座で洗うようにし、刺激を少なくすると痔の悪化を防げます。

4.ストレスを軽減させるようにしましょう
ストレスがたまると、便秘や下痢の原因にもなります。また、長時間同じ姿勢で椅子に座っていても肛門部に負担がかかり痔によくないため、30分に1回くらいは姿勢を変えるようにしましょう。


2015/09/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事