体毛

妊娠中に濃くなる体毛・・・脱毛や体毛処理について

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって体毛が濃くなってしまうことがあります。体毛が濃くなると気になってくるのがムダ毛処理ですが、妊娠中は脱毛などをしてもよいものなのでしょうか。妊娠中の体毛の変化や処理方法について解説します。

妊娠すると体毛が濃くなる原因

妊娠中は女性ホルモンが盛んに分泌されています。そのため、ホルモンバランスが短い期間で急激に変化し、メラニン色素が沈着しやすくなり、体毛を濃くしていると考えられています。つまり、体毛が濃くなる=体毛の数が増えているのではなく、もともと生えていた体毛が、1本1本太く黒くなっているのです。
個人差の見られる体毛の変化ですが、妊娠中期頃から濃くなったと感じる人が多いようです。特に、おへそ周りやお腹全体といったように、腹部中心に変化を感じることが多いです。

妊娠中の体毛処理

濃くなってしまった体毛を見て、焦って脱毛サロンなどに行く人もいるようですが、妊娠中は肌が敏感になっているため、できれば妊娠中の脱毛は避けた方がよいといえます。
サロンでも妊娠中の施術は行っていないというケースが多いです。脱毛サロンに通っていて妊娠が発覚したという場合には、一旦中断し、出産後に2回以上生理が順調にきていれば安心して再開できます。サロンにもよりますが、授乳中でも部分によっては施術を受けられることがあります。
気になって仕方ないという人は、肌にできるだけ負担がかからないよう、かみそりや毛抜き、電気シェーバーなどで処理し、しっかり保湿をするなど処理後のケアも行いましょう。特に腹部周辺の処理を行う際には、長時間お腹を冷やさないよう気を付けてください。処理時に刺激が強すぎると、お腹が張る原因にもなるため、注意してください。

出産後の体毛は薄くなる?

妊娠中に体毛が濃くなるのは、ホルモンバランスが変化したことによるものなので、そのままにしておいても産後は元に戻るといわれています。また、妊娠中とは逆に、髪の毛など体毛が抜けやすい時期もあります。妊娠中休んでいた毛包が活動し始めることで、太い毛が生えてくることもあります。産後6か月~1年くらいでホルモンバランスが安定してくると、体毛の状態も落ち着き、もとに戻っていきます。妊娠中に無理をして処理をして肌を傷つけるよりは、産後体の調子と相談しながらケアをしていくのも1つの方法かもしれません。


2015/09/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事