糖尿病

2015/09/09

子どもにも増加中の糖尿病、その特徴と対処法について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもにも増加中の糖尿病、その特徴と対処法について

糖尿病について正しい知識を持てば、子どもの糖尿病を予防したり発症しても元気に過ごせるように対処することが可能です。糖尿病の原因や特徴、子どもの糖尿病の対処法について説明いたします。

糖尿病はどんな病気?

糖尿病とは、血糖値(血液中に含まれるブドウ糖の量)が慢性的に高い状態となってしまう病気です。健康な人の場合、血糖値はすい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって正常範囲内にコントロールされています。しかし何らかの原因でインスリンの分泌量が不足すると血糖値が下がらなくなり、糖尿病を引き起こしてしまうのです。

糖尿病は一度発症したら、自然に治ることがありません。治療と血糖値のコントロールが必要になります。増え過ぎた糖が毛細血管の血流を阻害させ、さまざまな弊害を起こすようになるため、糖尿病を放置してはいけません。

子どもの糖尿病の原因は?

糖尿病には1型と2型の2種類があります。1型は、遺伝や感染症によってインスリンを分泌する細胞が破壊されるために発症します。2型は、血糖値の上昇が続いたことで膵臓臓に負担がかかり、インスリンを分泌する機能が低下するために発症します。

1型は生活習慣に関係なく発症しますが、2型は明らかに食べ過ぎ、肥満、運動不足といった血糖値を上昇させるような生活習慣が原因となっています。ちなみに一般的に糖尿病のほとんどは2型です。

食べ過ぎによって糖が血液中に余ってしまうだけでなく、運動時には血液中の糖をエネルギーとして消費することから、運動不足の人も常に血糖値が高くなりがちです。さらに内臓脂肪の多い肥満体型の人は、常に血糖値が上昇しやすいリスクも伴います。

昔に比べて日本人の食生活に肉や油の多い食事、カロリーの高い外食をとる機会が増えてきたことから、糖尿病にかかる大人が増えるようになったのです。また少し前まで、子どもの糖尿病といえば1型が一般的でしたが、2型糖尿病にかかる子どももみられるようになりました。子どもの生活習慣が変化し、肥満や運動不足の子供が増えてきているためです。

糖尿病の特徴的な症状は?

糖尿病の特徴的な症状には、多尿、のどの乾き、甘い飲み物を欲しがる、果物の腐ったようなにおいの尿があります。

これらは糖が尿に排出されるに伴って起こる症状です。糖尿病が進行してしまうとインスリンの分泌が異常になることでエネルギーの消耗が激しくなり、自然に体重が減少するようにもなります。日常生活を何も変えていないのに体重が減っていく場合、糖尿病がかなり進行していると考えられます。また疲労感や倦怠感も強まります。尿のにおいはエネルギー消耗に伴って尿に増えたケトン体が原因です。

さらに将来、糖尿病が重度になれば腎臓機能の低下、網膜症、白内障といった合併症も起こりやすくなります。また免疫力の低下により、さまざまな感染症にかかりやすくなってしまいます。

ただし、血糖値が高い状態や糖尿病の初期に自覚症状はありません。そして、この段階で糖尿病が進行しないように適切な治療を始めれば、糖尿病の子どもも健康な子どもと変わらない生活を送ることができるのです。

糖尿病の治療法とは?

子どもの糖尿病は、特徴的な症状または血液検査の結果によって発覚します。受診して血糖値が高いことが分かったら、血糖値の測定とコントロール、薬による治療を続けていくことになります。自分でインスリンが分泌することができない1型は、毎日インスリンを注射する必要があります。

血糖値のコントロールを誤り、低血糖や糖尿病性ケトアドーシス(インスリン欠乏による急性の合併症)を引き起こしてしまうと危険です。保護者はもちろんのこと、小学生以上の子供は意識を持って自己管理ができるようにしていきましょう。併せて食事療法や適度な運動を取り入れ、規則正しい生活を行うようにします。

子どもの2型糖尿病を予防しましょう

子どもに任意の血糖値検査を行っている小中学校も増えています。こういった機会に必ず検査を受けさせると、万が一の糖尿病を早期発見することができます。

日常では、糖分の多い清涼飲料水、カロリーの高いスナック菓子やファストフードを常食させないよう、家庭で栄養バランスのとれた食事を提供してください。また運動不足、肥満を予防するため、保護者は子供に外遊びを促したり、スポーツクラブに通わせるというのも一つの手だといえます。
子供の2型糖尿病は、保護者の管理で十分に予防することができる病気です。子供を病気で苦ませないためにも、保護者も「まだ早い」と油断せず、子どもの糖尿病について意識を高めておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加