hCG

妊娠を見分けるカギ「hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)」って何?

妊娠したかどうかを自分でチェックできる便利な妊娠検査薬。その検査のしくみに大きく関わってくるのがhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)です。hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)とはどういったものか、また、妊娠とどう関係してくるのかを解説します。

妊娠検査薬の判定ではhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)がカギを握っている!

女性が妊娠したかどうかを調べる時に使用する妊娠検査薬。薬局などで手軽に手に入り、産婦人科を受診しなくても妊娠反応が調べられるため、多くの女性が利用しています。妊娠検査薬で妊娠反応を調べる際には、尿の中に含まれるhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の量で妊娠しているかどうかを判定します。

hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は子宮内の絨毛組織から分泌されるホルモンで、卵子と精子が受精後に卵管を移動し、子宮内に着床するタイミングで急激に分泌量が増えるのです。ですから、妊娠検査薬で陽性が出た時にはhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が多く分泌しているということを表しており、妊娠しているということが分かります。

hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は受精卵が子宮に着床する際に多く分泌されるホルモンですが、子宮外妊娠などの異常妊娠の場合でも同じように分泌量が増えます。そのため、妊娠検査薬で陽性が出ても、それが必ずしも正常な妊娠を表すわけではなく、正確な診断を受けるためには出来るだけ早く産婦人科を受診することが求められます。

不妊症の治療にも利用されている刺激ホルモン

hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は、女性が妊娠をした時に子宮内から分泌されるホルモンですが、女性の妊娠力に関わる卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す働きもあるため、不妊症の女性の治療に利用されることもあります。hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を注射で投与してから、約1日後に排卵が起き、そこにタイミングを合わせることで不妊治療に生かすことが出来ます。

また、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)は黄体ホルモンを増やす効果も期待できるので、妊娠中のトラブルや流産を予防するために投与されることもあります。不妊治療でhCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)の投与を受けている場合、妊娠をしていない状態でも妊娠検査薬では陽性結果が出てしまうこともありますので、不妊治療中の妊娠判定はかかりつけの産婦人科で受けるようにしましょう。


2015/09/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事