子宮膣部びらん

子宮膣部びらんって何?不妊や胎児への影響について

「びらんがありますね」お医者様から言われたという方も多いのではないでしょうか?子宮膣部びらんはどういう状態をさすのか、不妊や胎児の成長に関係があるのかどうか、出血をした時はどうすればいいのかなど、詳しくご紹介いたします。

子宮膣部びらんとは?その原因は?

びらんとは、子宮膣部の表皮が「ただれている状態」のことを指します。しかし、一般的な子宮膣部びらんは、「子宮膣部がただれているように見える状態」であり、実際にただれているわけではないのです。そして、びらんは病気ではなく、成人女性の80%程度に見られるものなのです。ですから、炎症をおこしたり、出血を繰り返したりしない限りは治療をする必要もありません。

では、なぜ子宮膣部びらんになってしまうのでしょうか?月経がくると分泌される「エストロゲン」の影響で、子宮頸管の中にある腺上皮がめくれてしまうのです。そしてこれがただれているように見えるため「子宮膣部びらん」と呼ばれるようになりました。20~30代の女性に多くみられ、閉経期になると子宮膣部びらんは見られなくなっていきます。

子宮膣部びらんは、病気?不妊や胎児の成長への影響は?

先ほど少し書きましたが、子宮膣部びらんは病気ではありません。しかし、びらん面が大きいとおりものが増えますし、びらん部分は抵抗力が弱くなるので炎症を起こしやすくなります。また、びらん部分は刺激にも弱く、タンポンの使用時や性交時に出血しやすくなる傾向にあります。もしも炎症や出血が見られる場合は、治療を行なう必要があります。

病気ではありませんので、妊娠や出産に影響があるものではありません。つまり、子宮膣部びらんがあるからといって不妊になるということでもありません。ただし、妊娠中の不正出血の原因になる可能性はあります。

たとえば子宮膣部びらんが原因で出血してしまった場合は、どんな治療が必要?

先ほど述べたとおり、炎症や出血が起きた場合には治療が必要となります。膣内を洗浄して抗生物質を投与することが一般的ですが、症状がひどい場合はレーザー治療などでびらんを切り取ってしまうこともあります。入院の必要はありませんが、治るまでは1~2ヶ月かかり、完治するまでに繰り返し行なう場合もあります。

子宮膣部びらんがあるからといって、すぐに治療を行なう必要はありません。しかし、万が一、炎症や出血が起きた時のために、びらんがあるということを覚えておくことは大切です。妊娠や出産についても問題はありませんので、安心してください。


2015/09/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事