膀胱炎

妊娠中は膀胱炎になりやすい!膀胱炎の原因と対策

排尿時の痛みや残尿感などの症状が現れる膀胱炎は女性に多く、特に妊娠期の女性がなりやすい病気の一つです。原因は主に大腸菌などによる細菌感染で、トイレを我慢したり、睡眠不足などで抵抗力が下がっていると膀胱炎が発症しやすくなります。

膀胱炎とは

膀胱炎は女性に多く、20代~30代の若い女性や妊娠期の女性に多くみられる病気です。膀胱炎が女性に多いのは男性に比べ女性の尿道口が直線的で短いこと、また、肛門に近いことなどが影響しています。
膀胱炎の原因は主に大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染です。トイレを我慢することが多く、睡眠不足や疲労の蓄積などで抵抗力が下がっている状態では、膀胱炎を発症しやすくなります。
膀胱炎の初期症状としては排尿後にヒリヒリするような違和感が現れます。違和感は、徐々に排尿時の痛みや残尿感などになりますが、これらの症状は膀胱の粘膜に炎症が起きているためです。ほかに、頻尿や尿の濁り、さらに血尿などの症状が現れることもあります。

妊娠中に膀胱炎になりやすい理由

妊娠期は免疫力が低下しやすく、また、おりものの増加によって外陰部が不潔になり、細菌が繁殖しやすい状態になるため膀胱炎が生じやすくなります。
他方で、大きくなった子宮が膀胱を圧迫することも原因の一つです。膀胱は圧迫されると尿意をずっと感じる状態になり、膀胱収縮のコントロールが乱れて残尿が多くなります。膀胱内に尿が長く留まると細菌が繁殖する可能性が高くなり、膀胱炎につながってしまいます。

膀胱炎の対策

膀胱炎の予防を含めた対策としては、外陰部を清潔にすること、膀胱内に尿を長く留めないこと、また、免疫力を高めることが大切です。
外陰部を清潔に保つために、おりものシートはこまめに取り替えましょう。性行為は細菌感染を起こしやすいので性行為の前後には外陰部を清潔にし、性行為の後はできるだけ早く排尿するように心がけてください。
さらに、水分を多めに摂り、トイレは我慢せずに早めに行くことも大事です。免疫力を高めるには、睡眠不足や疲れをためないような生活習慣にし、栄養バランスなど食事にも気を配りましょう。

もし、妊娠中に膀胱炎になったら

排尿後の違和感やトイレが近いなどの症状が現れたら、できるだけ早く産婦人科の医師に診てもらいましょう。膀胱炎の治療では内服薬として主に抗生物質や漢方薬、また、塗り薬などの消炎剤が処方されることもあります。
妊娠中に薬を飲むのは不安があるかもしれません。しかし、かかりつけの産婦人科医が処方した薬であれば処方の通りにしっかり服用し、膀胱炎を早めに治しましょう。


2015/09/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事