子宮底長

妊婦健診で母子手帳に「子宮底長」・・・計測すると何がわかるの?

妊娠中期以降の妊婦健診の際に、1度は行われる子宮底長の測定。母子手帳にも、記録する欄が設けられています。子宮底長を計測することで、どのようなことが分かるのかなどについて解説します。

子宮底長とは

子宮底長は、恥骨結合(左右の恥骨がつながっているところの上端から子宮の最上部までのことで、子宮のふくらみを表す数値です。子宮底長を計測することで、胎児の発育状況と羊水量が順調であるかを知ることができます。さらに、母体が太り過ぎていないかということの確認にもなります。

一般的に、妊娠中期以降の健診ごとに計測されます。ただし超音波検査を行う場合は省略できるのでクリニックによっては、毎回行う場合と、出産までに数回しか計測しない場合があります。

子宮底長の計測方法

子宮底長の計測方法は、膝を伸ばした状態で測る方法と、膝を曲げた状態で測る方法の2種類です。
診察台に仰向けに寝転がり、恥骨の上からお腹のふくらみの上までを測ります。手で触ると、子宮の最上部に触れることができ、子宮のふくらみを計測することができるのです。
直接お腹に触れながら計測するため、ワンピースよりも上下分かれたお腹を出しやすい服で健診に行くことをおすすめします。腹帯も、すぐにずらしたり脱いだりできるようなものにするとよいでしょう。

子宮底長は、メジャーで看護師もしくは医師が計測します。そのため、計測する人や測り方によって誤差が生じやすくなっており、完璧に正確な数値を導き出すのは難しいといえるでしょう。

妊娠週数別!子宮底長の適正値

子宮底長の適正値は、妊娠週数によって異なります。週数ごとの適正値を算出する計算は、妊娠週数19週目までと20週目以降で違うため、注意が必要です。

19週目未満の場合は、「妊娠月数×3cm」、20週目以降の場合は、「妊娠月数×3+3 Cm」で算出できます。

この計算方法で適正値を算出すると、次のような数値になります。
・妊娠16~19週(妊娠5ヶ月)10~15cm
・妊娠20~23週(妊娠6ヶ月)15~20cm
・妊娠24~27週(妊娠7ヶ月)20~24cm
・妊娠28~31週(妊娠8ヶ月)24~28cm
・妊娠32~35週(妊娠9ヶ月)28~32cm
・妊娠36~39週(妊娠10ヶ月)32~34cm

これらの数値は、あくまでも目安です。子宮底長は個人差が出やすいため、適正値から外れていても、医師から特に指摘がなければ心配の必要はないといえます。

子宮底長が適正値と異なるときのリスク

子宮底長が短い場合には、羊水の量が少ない、もしくは胎児が小さいということが考えられます。
反対に、子宮底長が長い場合には、羊水過多症や多胎妊娠、胎児が大きいという可能性が考えられます。
しかし、子宮底長の測定をしないクリニックもあるくらいで、かつて超音波検査の機械が普及していなかった時代に行われていた検査方法です。ほとんどのクリニックは、超音波検査によって胎児の大きさや羊水の量を診断するため、それほどリスクを心配する必要はありません。


2015/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事