シミ

妊娠中にシミや黒ずみが増えやすい理由とその対処法とは?

出産後、ふと気づいたら肌にシミや黒ずみが増えているように感じたことはありませんか。妊娠と出産で女性の体にはさまざまな変化が起こるため、疑問や不安に感じることも多いでしょう。今回は妊娠中に増えてしまったシミや黒ずみの原因と出産後のケア方法についてご説明します。

なぜ妊娠中はシミや黒ずみが増えるのか?

妊娠している間は女性ホルモンのエストロゲンが増加しますが、出産後エストロゲンの分泌が急激に減少し、肌のバリア機能が低下します。その結果、外部からの刺激に敏感になり、肌が炎症を起こしやすくなるのです。妊娠中は胎児を成長させるため、ホルモンや代謝、免疫だけでなく皮膚にも変化が現れます。

他方、妊娠中に分泌されるプロゲステロンという女性ホルモンは子宮筋の収縮を抑制し、胎盤の形成に関わります。このように重要な役割を果たすプロゲステロンですが、シミや黒ずみの原因となるメラノサイトを活性化するため、メラニン色素が肌に沈着しやすくなってしまうのです。出産すればプロゲステロンの分泌量が減るので、シミや黒ずみが濃くなることはありません。しかし妊娠前の状態に戻るには、出産してから半年くらいかかると言われています。

シミや黒ずみのケア方法

妊娠中のホルモンバランスの乱れや紫外線による肌への影響は出産後もしばらく続くため、十分にケアすることが大切です。日差しの強い季節だけでなく一年を通して日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘で紫外線をしっかり予防して、シミや黒ずみを増やさないよう気をつけてください。

また出産後の肌はとてもデリケートになっているので、保存料や香料などが入っている化粧品はなるべく使わないようにしましょう。できれば刺激の少ない化粧水や美容液で美白ケアすることをおすすめします。

さらにメラニン色素の沈着を抑えるビタミンCと皮膚の新陳代謝を促すビタミンAを多く含む食べものを日ごろから積極的に取るよう心掛ければ、体の内側からもシミ対策が可能です。ビタミンCは野菜だと赤ピーマン、パセリやブロッコリー、果物だとレモン、キウイのほかイチゴやアセロラに多く含まれています。その他、肉ではロースハムやベーコン、魚介類ではタラコ、焼き海苔などが多いです。 ビタミンAはニンジンやほうれん草、かぼちゃのほかモロヘイヤといった野菜、うなぎや鶏のレバーなどの動物性の食材にたくさん含まれています。


2015/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事