出産準備品

意外と少ない?絶対用意しておきたい出産準備品はこれ!

育児雑誌やベビー用品店の店頭などで出産準備リストを目にし、たくさんありすぎて何を購入すればよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。とりあえずこれを買っておけば赤ちゃんを家に迎えることができる!というものをピックアップしました。

絶対に必要なベビー用品は意外に少ない!

出産準備のために初めてベビー用品店を訪れると、あれも!これも!と、ついついかごに入れてしまいたくなるかもしれません。しかし、本当に全部必要なものでしょうか?
実際に、出産前に色々購入したけれど、いざ赤ちゃんとの生活が始まると意外と使わなかったというものや、他のものでも代用ができるもの、必要だけど違うメーカーの方が我が子との相性がよさそうなものなど様々です。
無駄な出費を抑えるためにも、最低限必要なものだけを厳選して準備しておくのもおすすめです。

出産前のマストベビー用品はこれ!

・おむつ
おむつには紙おむつと布おむつがあります。
紙おむつは、使い捨てなので洗濯の手間がなく、外出時の携帯にも便利です。新生児サイズを用意しておくとよいでしょう。産まれてくる赤ちゃんの大きさや成長の早さは個人差があるため、大量に新生児サイズを購入していると、使えなくなってしまう可能性があります。
布おむつは、赤ちゃんの肌に優しく洗濯して繰り返し使えるという点から、人気を集めています。おむつカバーも一緒に購入するのがおすすめです。

・肌着や服
ベビー用の肌着は主に、短肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディ肌着の4種類です。
新生児の内に使うのは、短肌着と長肌着、もしくは2WAY肌着と呼ばれるものです。
短肌着は、腰までの丈で、2~3本の紐を打ち合わせて着用します。長肌着は短肌着の丈を足首くらいまで伸ばしたものです。コンビ肌着は、長肌着と丈は同じですが、股のところをスナップで止め、ズボンのようになるタイプです。コンビ肌着としても長肌着としても使えるものを2WAY肌着と呼びます。 5~6枚ほど用意し穿き戻しの回数など赤ちゃんの状態に応じて買い足すとよいでしょう。

ベビー服は2WAYオール、もしくはドレスオール、カバーオールが必要です。
ドレスオールは長肌着と同じ形の服で、足の動きが少ない新生児向けです。カバーオールはコンビ肌着を服にしたもので、保湿性が高く足をバタバタ動かすようになっても使えます。2WAYオールは、ドレスオールにもカバーオールにもなるタイプの服です。

・ケア用品
授乳時や沐浴時に必要となるのが、ガーゼハンカチです。10枚セットで販売されていることが多いです。また、赤ちゃん用爪切りも必須。赤ちゃんの爪の伸びは大人よりも早いことが多く、伸びてしまうと自分で顔をひっかいて傷つけてしまうこともあるのです。ベビーソープもしくは沐浴液も忘れずに。

・チャイルドシート
退院の際に車を使ったり、普段も車での移動が多い方は、必ずチャイルドシートの着用が求められます。

お尻ふきやベビーバス、ベビー布団などは他のもので代用できるため、必ずしも必要ではないでしょう。体温計は家にあるものも使えますが、短時間で計測できるタイプの方が便利かもしれません。

出産後の方が我が子に合ったものが選べる!

実際に赤ちゃんと過ごす中で、これがあると便利というものや、こっちのメーカーの方が合っていると感じるものもたくさん出てきます。
ママも赤ちゃんも心地よく使って快適に過ごすためにも、まずは厳選したベビー用品を準備してみてはいかがでしょうか。


2015/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事