虫・動物のトラブル

5歳の子供が飼い猫にひっかかれた、病院へ行ったほうが良い?

ペットの飼育は子供の情操教育に良い反面、噛まれたりひっかかれたりなどの怪我の心配があります。自宅の飼い猫に子供がひっかかれてしまったママから「なるカラ」に相談がありました。看護師さん達はなんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「1週間ほど前、飼い猫に子どもがひっかかれました。痛がる様子はなかったのですが、今からでも病院へ行ったほうが良いのでしょうか?」

毎年予防接種をして室内で飼っている自宅の猫に、1週間ほど前に5歳の子どもがひっかかれました。特に痛がる様子もなかったため家で処置をして病院へは行っていません。友人からは念のために病院へ行くよう勧められ、悩んでいるママからの相談です。

1週間ほど前、5歳の子どもが飼っている猫にひっかかれました。普段はおとなしい猫なのですが、そのときたまたま興奮していたようで、長さ2センチぐらいの傷跡が腕にできました。血が出たので水で流し、市販の消毒薬をつけて、大きめの絆創膏をはりました。特に痛がる様子もなかったので病院には連れて行かず、3日目ぐらいで傷跡もかさぶたになりました。今日友人にその話をしたら、猫が病気をもっている可能性があるから、念のため病院に連れて行ったほうがいいよ、といわれました。これは本当なのでしょうか?猫はもう3年ぐらい飼っていて、毎年予防接種もしていて、外には出していません。今からでも病院に連れて行ったほうがいいですか? (30代、女性)

熱が出たり、傷口が膿んだら要注意!かさぶたなら一安心

今回の場合は、猫も予防接種を受けており、子どもも痛みなどが無いようなので、病院へ行かなくても問題ありません。傷が腫れる、熱が出る、だるくなるなど、病院を受診すべき目安についても教えてくれました。

初期の処置は適切でした。流水にて傷口の洗浄は私達も状況に応じて行なっています。犬や猫等につけられた傷によりますが、深くて出血が伴っている場合は傷口を塞ぎません。縫ったりして傷口を塞いでしまうと、汚染菌を閉じ込め化膿する確率が上がる為です。ひっかき傷でもその人の体質などで化膿する事も有り得ます。傷の周りが赤く炎症様状態が有る場合は化膿もしやすくなるので、医療機関での治療が望ましいです。相談者さんのお子様は、3日後には完治されてるようなので様子をみる事で良いと考えますが、気になるようなら最寄りの医療機関を受診されても良いでしょう。ひっかき傷は跡が残る事も稀にあり、気になるようなら形成外科で相談されるのが望ましいでしょう。(小児科、整形外科・形成外科、救命救急看護師)
傷口の腫れや水ぶくれ、発熱、だるさ、リンパ節の腫れ(腕をひっかかれたのであれば脇の下、足であれば足の付け根の鼠径)がなければ大丈夫だと考えますが、小さいお子さんですので心配ですよね。いつもと違う症状がないかを見てあげてください。(整形外科・形成外科、小児科看護師)
猫など動物に噛まれたのなら受診は必要だと考えますが、ひっかかれた程度で痛みもなくもうかさぶたになっているなら経過観察で良いでしょう。お子さんが熱が出たり傷口が膿んでしまうようであれば受診してください。お大事にしてくださいね。 (整形外科・形成外科、小児科、救命救急看護師)
もうかさぶたになったのであれば心配ないと考えられますが、傷の周りが赤くなったり、熱があるようでしたら、病院に連れて行くほうがいいでしょう。また、動物をさわった手で傷口を触ったり、口や目を触ることも避けるようにしましょう。いくら予防接種をして家の中で飼っていても、動物はどんな菌をもっているかわからないので、これからも気を付けてくださいね。 (看護師)

動物と触れ合って傷ができた場合は、まずは消毒をしっかりと行い、傷の痛み方や発熱などを観察します。変化が見られたら病院で適切な治療を受けるようにしてください。


2014/09/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)