パーマ・カラーリング

妊娠中にパーマをかけても大丈夫?胎児への影響や注意点は

出産すると赤ちゃんのお世話で外出もままならないため、できれば妊娠中にパーマも済ませておきたいと思う人は多いのではないでしょうか。パーマが赤ちゃんに影響があるかどうかや、妊娠中にパーマをかける時に起こりやすいトラブルについて解説します。

妊娠中にパーマをかけても大丈夫?

妊娠中にパーマをかけると、胎児毒性のある成分が胎盤を通じて赤ちゃんへ影響を与えるのではないかと心配する人は多いようです。しかし、パーマ液が体に吸収され赤ちゃんへ影響するという説には医学的根拠はなく、そのような報告もありません。ただ、絶対に安全とも言い切れないため、できれば胎盤が未完成な妊娠初期にパーマをかけるのは避けた方が無難です。

妊娠中のパーマで気をつけたいトラブル

妊娠中はホルモンバランスの影響もあり、それまで敏感肌とは無縁という人でも皮膚が敏感になっています。そのため、妊娠中のパーマのトラブルで多いのは皮膚のかぶれです。パーマ液でかぶれてひどいアレルギー反応を起こすこともあるため、パーマをかけるのはアレルギーテストで異常がないか確認してからにしましょう。もし、赤みやかぶれなどの異常があれば、パーマは諦めた方がよいと言えます。
皮膚のかぶれ以外にも、長時間同じ姿勢でいるためお腹が張ってしまったり腰痛になったりすることもあります。長時間座っていることで足の静脈が圧迫されて、足がむくんでしまうというトラブルも起こりがちです。また、パーマ液の匂いで体調が悪くなることもあります。

妊娠中にパーマをかける場合は、妊娠していることを必ず美容師さんに伝えておきましょう。長時間同じ姿勢にならないように気を使ったり、パーマ液が皮膚につかないように気をつけたりといった配慮をしてもらえます。

パーマをかけるならいつごろがいい?

つわりのある妊娠初期はパーマ液などの匂いで吐き気を催すこともあり、母子ともに不安定な時期なので避けたほうがよいでしょう。30週くらいになるとお腹が大きくなり、長時間座っていると負担が大きくなってしまいます。お腹が大きいと仰向けでシャンプーをしてもらうのも困難です。そのため、妊娠中にパーマをかけるなら妊娠初期は避け、安定期に入る中期以降から30週頃までにしておきましょう。

パーマをかけている最中もこまめに姿勢を変え、疲れすぎないように気をつけてください。もし、途中で気分が悪くなったら、がまんせずに休ませてもらいましょう。


2015/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事