産後ダイエット

2015/09/24

産後に体型が崩れて悲しい…下半身を強化するには?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後に体型が崩れて悲しい…下半身を強化するには?

出産後に体型が戻らない、特にお尻が垂れてしまったという悩みを持つ女性は多いもの。体型をあきらめたくないママからの、下半身を引き締める方法を知りたいという相談に対し、専門家の皆さんは何と答えているでしょうか。

ママからの質問:「産後に崩れた下半身を、どうにか元に戻したい!」

産後とにかく体型が崩れてしまって治りません。2人目を産んだ後、特に下半身が気になって仕方ありません。デニムをかっこよく履くこともできずに悲しいです。さらにもう1人妊娠するとなると、もう体型はあきらめざるをえないのでしょうか。補正下着でお尻を上げるしかないでしょうか。女性としてもまだまだこれからですし、若いママ、綺麗なママでいたいです。下半身強化の方法を教えてください。(20代・女性)

下半身の変化は骨盤の開きが原因

出産のために骨盤が開いて戻りきらないこと、そこに脂肪がつくことが、産後の下半身の悩みの主な原因のようです。

産後にお尻が垂れてしまうのは、ほとんどの女性に起こってしまう身体の変化です。原因は、出産に向けて骨盤が外側に徐々に開き、それにより産道を確保し赤ちゃんが生まれてくるからです。開いた骨盤は戻ろうとするのですが、不完全な場所で固まってしまうことも多いです。筋肉が落ちたところに脂肪がつくと、よりお尻が垂れているように見えてしまいます。(内科医師)

運動、カロリー制限、骨盤ベルトで引き締めを

自分に合った骨盤ベルトやガードルで、開いた骨盤を元に戻すとともに、下半身を引き締める運動を少しずつ取り入れるようにしましょう。授乳のためにたくさん食べるというのも落とし穴。運動量に応じた食事にしましょう。

産後は無理な運動はできませんから、身体の調子が整ってきたら、ヨガや産後のエクササイズ、骨盤体操やストレッチで、徐々に体を動かしてください。早歩きでの散歩もいいですし、赤ちゃんを抱っこしたままスクワットして、下半身を引き締めてください。(産科看護師)
運動は大事ですが、産後で忙しいと思いますので、骨盤ベルトやガードルなどを利用することで、骨盤の戻りやお尻の位置を矯正できる可能性があります。ガードルは補正下着だけでなく、お尻が垂れるのを改善・予防する効果もあるそうです。ガードルはきつくて苦しいのではないか、しめつけて血流が悪くなってよくないのではないかと思う人もいますが、きちんと相談して自分に合ったものを選べば、よい効果の方が大きいです。(内科医師)
授乳中でしたら、たくさん栄養をとらなければと、高カロリーな食事になりがちですから、運動量に合わせ、カロリーコントロールするようにしてください。体型を戻すことは、ダイエットではありません。体重を減らすのではなく、体を引き締めると考えてください。(産科看護師)

産後にお尻が垂れるのは、骨盤の開きと、そこにつく脂肪が原因。骨盤ベルトなどで骨盤を戻すとともに、カロリーコントロールと下半身を引き締める運動に努めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加