泣き止まない

2015/09/27

ママだと抱っこしても泣きやまない娘・・・どうして?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ママだと抱っこしても泣きやまない娘・・・どうして?

赤ちゃんは、泣くのが仕事といわれるほど、よく泣きます。生後1カ月の赤ちゃんを持つ相談者の方は、パパが抱っこするとすぐに泣きやむのに自分だと一向に泣き止まずに困っていますが、医師や看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「主人が抱っこすると泣きやむのに、私では無理。いったいなぜ?」

主人は仕事が忙しく、生後1カ月の娘の世話はすべて私がしています。しかし娘は、私が抱っこしても泣きやまず、いつもおっぱいで黙らせてしまいますが、主人が抱っこするとすぐに泣きやみます。主人より私の方がたくさんお世話をしているのに悲しくなってしまい、娘に嫌われているのではないか、母親失格なのではないかと涙が出ました。(30代・女性)

赤ちゃんは、ちゃんとママを認識できている

抱っこしても泣きやまないと「ママのことをわかってないの?」と不安になってしまいますが、ちゃんとわかっているようです。これからもっと抱っこをする機会が増えると思うので、赤ちゃんも慣れてくるのではないでしょうか。

パパの方が腕も太く手も大きいため、抱かれると安心するのかもしれませんし、抱き方の問題かもしれません。しかし、必然的にママが抱っこする機会が多くなるので、そのうちママの抱き方にも慣れてきますし、匂いでママだとわかる場合もあります。(産科看護師)
赤ちゃんはママがいないと生きていけませんし、まだほとんど視力がないといわれる1カ月の頃でもママのことは認識できているようです。抱っこしたときに、ちょうど空腹で母乳をあげると泣きやむのかもしれませんし、母親失格などということは絶対にないので大丈夫ですよ。(内科医師)

産後は精神的に不安定になりがち

出産するとホルモンのバランスが乱れ、誰でも精神的に不安定になりやすいようです。あまり思いつめず、まだ体調も万全ではないこの時期に、パパが泣きやませてくれると楽チン!ぐらいの気持ちでいてはいかがでしょうか。

ママとわかってわざと甘えているのかもしれませんし、母親以外だと緊張して泣きやむ場合もあります。もう少し大きくなり目も見えてきて親と他人、父親と母親の区別ができるようになると、ママでないとダメなことが増えてきます。嫌われているのではなく、むしろ甘えているのだと思い、今は「パパが抱くと泣きやむからラッキー」と思うぐらいでよいのではないでしょうか。(産科看護師)
ホルモンバランスが崩れ、精神的に不安定になっているのかもしれません。増加していた女性ホルモンが一気に減少するため、特に産後6カ月は精神的に不安定になりやすく、ひどいと、うつ病のようになる人もいます。あまり思いつめず、赤ちゃんが寝ているときはなるべく家事を休み、のんびり過ごすなど気分転換をしましょう。あまりにつらいときは、健診のときにでも医師に相談してみてください。(内科医師)
ママはずっとお腹の中で育ててきたし母乳をあげることもできますが、男性は育児をすることで初めて子どもができたと認識し、愛情も芽生えます。育児に積極的ではない男性も多い中、パパが手伝ってくれるのはとてもありがたいことなので、悲しむ必要はありませんよ。(内科医師)

ママなのにどうして泣きやまないの?と思ってしまいますが、あまり深く考えず、今はできるだけリラックスして過ごす工夫をしましょう。まだ1カ月ですし、そのうち赤ちゃんも慣れてきて変化があるのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加