産後ダイエット

2015/09/27

お腹についたお肉…産後半年過ぎても元に戻せる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

お腹についたお肉…産後半年過ぎても元に戻せる?

約10カ月の妊娠期間が経過して出産を終えた後、以前の体型に戻らずにお腹がポッコリのまま…なんてママは少なくないようです。産後半年以上経ってからでも元の体型に戻すことは可能かどうか、医師や看護師さんたちに聞いてみました。

ママからの相談:「妊娠~出産でついた脂肪。今からでもダイエットは間に合う?」

1人目のときは産後3日目にして体重が妊娠前に戻り、特にダイエットなどしなくてもお腹にお肉がつくこともなく、元の体型に戻りました。しかし2人目を出産した後、1人目と同じように何もしないでいたら見事にお腹にお肉がついてしまいました。妊娠前の洋服は着られるものの、パンツの上に乗ったお腹のお肉が気になって仕方ありません。産後半年ですが、今からでもダイエットすれば元に戻るのでしょうか。(30代・女性)

今からでも大丈夫!続けられる運動を

今後の健康のためにも、お腹についたお肉は減らした方がよいでしょう。やせやすいのは産後半年といわれますが、それ以降でも遅いことはありません。ストレッチや適度な運動など、できることから始めてみてください。

産後半年までは、やせやすいといわれていますが、今からでもお腹を引き締める体操や運動を行ってください。骨盤矯正は行いましたか?行っていなければ、まずは骨盤矯正の体操や、骨盤ベルトを使って骨盤の歪みを矯正してください。家事の量を増やすのもよいですし、体調がよければ30分程度の散歩や、歩いて買い物に行くなどしてみてください。(産科看護師)
出産で開いた骨盤は産後に戻りますが、やはり少し体形が変わったと感じる方も多いようです。お腹というより、どちらかというとお尻の方が垂れてしまったり、余分なお肉がついてしまうこともありますが、運動などの他、骨盤ベルトも合わせて使用すると効果がある場合もあります。(内科医師)
お腹の肉は内臓脂肪がついていることを意味するので、動脈硬化が進み将来的に心筋梗塞や脳梗塞のリスクになるため、健康のためにもお腹のお肉はない方がよいといわれています。ウォ―キングなどの有酸素運動も効果があるので、毎日続けられるものを見つけて試してみてください。(内科医師)

運動や食事などの生活習慣を改善

運動と合わせ、食べるものにも気を配るようにしましょう。高カロリーなものは控え、野菜中心で低カロリーな食事を心がけ、ドカ食いを防ぐため、ゆっくりよく噛んで食べるなど工夫をしてください。

食事の量を減らす必要はありませんが、動物性脂肪を含む肉類、ケーキなどの洋菓子やバターを含むパンなどは控え、野菜やキノコ類や海藻類などカロリーの低い物を中心にバランスよく食べましょう。一般のダイエットと同じように、寝る前の間食や食事は避け、ドカ食いせずによく噛んで腹八分目を心がけてください。(産科看護師)
お腹のお肉なら、今からでも間に合います。ただ誰しも経験があると思うのですが、ついてしまったお肉は、なかなか戻りません。寝る前や夕飯は多く食べ過ぎない、間食をしない、バランスのよい野菜中心の食事を摂るなどを心掛け、適度な運動、腹筋やストレッチなども合わせると効果的です。(内科医師)

一旦ついたぜい肉は落ちにくいですが、今からでも遅いということはありません。適度な運動とバランスのよい食事で、少しずつダイエットを始めてみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加