海外子育て

2015/09/28

息子は1歳、海外での子育てがつらい・・・どうすれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

息子は1歳、海外での子育てがつらい・・・どうすれば?

ご主人の仕事の都合などで、海外で子育てをする人もいるでしょう。しかし、慣れない土地での子育てがストレスとなり、ママの気持ちが病んでしまうこともあるようですが、医師や看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「海外での子育てでナーバスに。つい子どもにイライラしてしまう」

海外の中国で出産・子育て中です。出産時に付き添ってくれていた母も帰国すると、息子が泣いたときなどは、ナーバスな気持ちになるようになりました。可愛い我が子のはずなのに、私は必要な人間なのか?などと考え始めて悪循環に陥り、息子が1歳を過ぎた今もいうことを聞かないときなどに落ち込んでしまいます。日本人が近くにいないので悩みを相談できる環境でもなく、どのようにこの気持ちと付き合っていけばよいでしょうか。(30代・女性)

子どもに話しかけるときは母国語で

海外在住で日本語を使う機会が少ないと、さらにストレスが大きくなってしまうので、お子さんと2人で過ごす時は母国語を使うとよいでしょう。また1歳だということを聞かないのは当然なので、あまり思いつめずに気持ちを楽に持ってください。

ママは子どもにとって、たった1人のかけがえない存在です。もっと自信を持ってください。お子さんとは日本語で話していますか?両親が2か国語を話す場合、やはり母国語で話した方が子どもに気持ちが伝わりやすいです。海外で母国語を使わないとストレスもたまりやすいので、お子さんには日本語で話しかけるとよいでしょう。(産科看護師)
1歳だと、いうことをきかなくて当たり前なので、ママが悪いわけではありません。自我が芽生えた証拠ですし、反抗期も成長過程の一つなので、大らかな気持ちで見守りましょう。お子さんがもう少し成長しておしゃべりが上手になったら、よい話し相手になると思います。(産科看護師)

1人で抱え込まずに周囲との関わりを持って

2人きりで家の中にこもりがちだと、どうしてもナーバスになってしまうものです。同じ子育ての悩みを共有できるママ友を見つけたり、休日はご主人にお子さんを見てもらって自分の時間を持つなど、リフレッシュできるよう心がけましょう。

日本人というより、近所でママ友を見つけてはいかがでしょうか。同じ人間なので、子育てに苦労している方も大勢いると思います。つらい気持ちはご主人に話して、自分の中にためないようにしましょう。(精神科看護師)
海外で初めての子育ては本当に大変ですし、まだ1歳を過ぎたぐらいだと意思疎通も難しく、ずっと2人きりで相談相手もいないとストレスもたまると思います。平日は難しいかもしれませんが、週末など旦那様に少しお子さんを見てもらって1人の時間を持つか、ゆっくりお風呂に入る、散歩に出かけるだけでも気分転換になります。(内科医師)
育児のストレスでうつになる方もいますし、1人で抱え込むのが一番よくありません。落ち込む・眠れない・食欲がわかない・何もやる気がおきない・イライラするなど、自分でもコントロールできない気持ちが数週間続くようなら、早めに医師に相談するようにしてください。(内科医師)

1人で考えていると、ますます気持ちが落ち込み、悪循環に陥ってしまいます。積極的に周囲と関わりを持ち、気持ちをリフレッシュさせることが大切です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加