RSウィルス感染症

2015/09/28

子どものRSウィルス感染症ってどんな病気?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どものRSウィルス感染症ってどんな病気?

RSウィルス感染症は乳幼児を中心に流行する、呼吸器の感染症です。風邪の症状に似ていますが、咳がひどくなり呼吸困難に陥ることもあります。肺炎や細気管支炎などで重症化しやすいため、注意が必要です。今回は、RSウィルス感染症の症状について、その予防法、治療法についてご紹介します。

RSウィルス感染症ってどんな病気?

RSウィルス感染症とは、RSウイルスによる呼吸器の感染症のことです。風邪の症状に似ていますが、咳がひどくなり、ゼーゼーヒューヒューと苦しそうに息をしたり、呼吸困難になることもあります。高熱が出る場合もあります。

特に注意したいのは、3ヶ月未満の赤ちゃんや早産の赤ちゃん、心臓・呼吸器などに疾患のある赤ちゃんです。重症化のリスクが高く、発作や脳症などの合併症を起こすと命に関わり危険です。

RSウィルス感染症の原因や症状は?

RSウイルスによる呼吸器系の感染症で、ウイルスを持っている人の咳やくしゃみ、ウイルスの付着したものに触れた手を介して鼻や口からウィルスが入ってしまったり、咳やくしゃみに含まれているウィルスが乾燥した空気中に舞いあがったものを吸い込むことが原因で感染します。潜伏期間は4~6日で、軽い風邪のような症状が出ます。咳や鼻水が数日間続きます。

RSウィルス感染症は、1歳までには50%以上が、2歳までにはほぼ100%の子供が一度は感染すると言われている、乳幼児がかかりやすい病気です。初めて感染した赤ちゃんのおよそ30%は、肺炎などの重い症状を引き起こし、入院することもあります。

RSウィルス感染症の予防と治療法は?

RSウィルス感染症には特効薬がありませんので、症状を和らげる対症療法で治療を行います。

重症化のリスクが高い早産の赤ちゃんなどには、RSウイルスの抗体であるパリピズマブ(シナジス)を、冬の流行期に定期的に投与して、病気の予防をします。

RSウィルス感染症のホームケア

軽い風邪の症状程度なら、自宅で安静に過ごしましょう。赤ちゃんが咳をする時は、上体を起こし、やさしく背中をさすってあげます。呼吸が小刻みになったり、肩で息をするなど苦しそうであれば、すぐに病院を受診しましょう。

熱がある場合は脱水症状を起こしやすいため、母乳やミルクでこまめに水分補給を行いましょう。

RSウィルス感染症は月齢が低いほど、急激に悪化しやすいため、注意が必要です。ママは赤ちゃんのそばを離れないようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加