急性声門下喉頭炎

2015/09/28

子供の急性声門下喉頭炎(仮性クループ)の症状と対処法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子供の急性声門下喉頭炎(仮性クループ)の症状と対処法

急性声門下喉頭炎(仮性クループ)は、1歳から3歳くらいの小さな子どもがかかりやすく、発熱とかすれ声、独特の咳と呼吸が特徴の病気です。重篤になると命に関わる病気なので、早めにわかるよう、原因や症状、その対処法をご紹介します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加