急性声門下喉頭炎

2015/09/28

子供の急性声門下喉頭炎(仮性クループ)の症状と対処法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子供の急性声門下喉頭炎(仮性クループ)の症状と対処法

急性声門下喉頭炎(仮性クループ)は、1歳から3歳くらいの小さな子どもがかかりやすく、発熱とかすれ声、独特の咳と呼吸が特徴の病気です。重篤になると命に関わる病気なので、早めにわかるよう、原因や症状、その対処法をご紹介します。

「急性声門下喉頭炎(仮性クループ)」ってどんな病気?

急性声門下喉頭炎は仮性クループとも呼ばれ、主に1歳から3歳くらいまでの小さな子どもがかかりやすい病気です。高熱になるとともに、かすれ声になったり、呼吸のときには「ゼーゼー」「ヒューヒュー」のようなかすれた音が出ます。また、咳にもなりますが、その音は「ケンケン」「バウバウ」とまるで犬が吠える声のように聞こえるという特徴があります。

重篤化すると、呼吸困難からチアノーゼを起こし、窒息することもあるという非常に危険な病気です。呼吸困難など重篤化した場合は、気管内挿管や気管切開の処置が必要になることもあります。

なぜ、「急性声門下喉頭炎(仮性クループ)」になるの?

「急性声門下喉頭炎(仮性クループ)」は、ウイルスや細菌の感染が原因でなります。病名にあるように、声帯の下にある「声門下」の粘膜に、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスや細菌が感染して発症します。また、マイコプラズマにより発症することもあります。それらのウイルスや細菌が粘膜に感染して腫れるため、子どもの元々細い咽頭や声門下がさらに狭くなって呼吸困難などの症状になります。冬季の乾燥した時期に発症しやすいので、室内の湿度に注意しましょう。

「急性声門下喉頭炎(仮性クループ)」かなと思ったら…

「急性声門下喉頭炎(仮性クループ)」は、夜間に急に咳などの症状が出ることが多いので慌ててしまいがちです。

まず、風邪を引いたときと同じように、加湿器などを使って室内の湿度を高めに保つ、室温を上げすぎないなどのケアをしましょう。特徴ある咳や苦しそうな呼吸をしたなら、気道を確保するために縦に抱っこをしてあげましょう。泣くと咽頭の腫れが悪化するので、できるだけ泣かせないようにしてください。

乳幼児などの場合は呼吸困難になったりと重症化しやすいので、夜間でも救急医療機関での受診や救急車の要請など早急な対応が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加