腸重積

2015/09/28

早期発見が重要!子どもの「腸重積」の症状と対処法は?

この記事の監修/執筆

一般開業医(GP),製薬医学認定医,消化器内視鏡専門医加藤 淳(かとう じゅん)

早期発見が重要!子どもの「腸重積」の症状と対処法は?

腸重積は、腸の中に腸が重なってしまう病気のことです(下記の図参照)。つまり、腸の中に腸が押し込まれた状態になるのです。患者の80%~90%が生後3カ月から2歳までの幼児といわれています。また離乳食前後にその発症が多いとも言われています。性別では、男の子の方が女の子より2倍くらい多く発生するともいわれています。

腸重積を起こすと、食べた物が腸内に詰まり腸が締めつけられた状態に陥ります。長時間にわたって締めつけられた腸は、血液をスムーズに流すことができず、やがて壊死、出血、腹膜炎を引き起ことにもなります。詰まって固くなった食物が腸内を傷つけることもあります。時間経過に伴い、腸重積をおこした部位も含め腸全体に血行障害が生じ、腸管壊死を生じる結果となります。腸管壊死が生じると、腸の壁が破れ(腸穿孔)、腸の内容物が腹腔内に漏出し、結果、腹膜炎などの重篤な病気を併発する恐れも懸念されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加