便秘・痔

2015/09/30

産後も治らない便秘や痔・・・2人目の出産時も繰り返す?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後も治らない便秘や痔・・・2人目の出産時も繰り返す?

産前産後に便秘に悩む人は多いです。痔になってしまう人もいます。便秘や痔はどう対処すべきなのでしょうか。専門家に聞いてみました。

ママからの相談:「産前産後の便秘と痔に悩んでいます」

妊娠中になった便秘に、産後また、なってしまいました。母乳なので水分はとっていましたが、産婦人科でもらった薬も効かず、便意はあるのに全く出ず、切れ痔からイボ痔になりました。座薬の便秘薬の常用はよくないと聞き、何度か使ったきりです。痔は恥ずかしくて病院に行けません。どうしたらよいでしょうか。2人目も考えていますが、便秘や痔は繰り返しますか。(30代・女性)

産前産後は便秘になりやすい。痔は繰り返す傾向あり

産前産後は便秘になりやすいです。痔は一度なると繰り返すため、日頃から肛門を引き締める運動を行いましょう。

妊娠中は大きくなった子宮の圧迫で、また授乳中は栄養不足や水分不足で、便秘になりやすいです。育児で疲れがたまっていたり、不規則な生活でもなります。(産科・婦人科看護師)
大きくなった子宮が肛門や直腸あたりを圧迫し、血流が悪くなり、うっ血して痔になりやすいです。(産科・婦人科看護師)
妊娠中の運動不足に加え、ホルモンバランスの変化で腸の動きが鈍くなり、便が硬くなれば便秘になります。硬い便を無理やり出そうとすると肛門に圧力がかかり、痔の原因になります。(産科・婦人科看護師)
痔は産後に改善することが多いですが、2人目の妊娠時に再発、悪化する人もいます。(産科・婦人科看護師)
頑固な便秘は薬でないと厳しいことがありますが、薬は必ず産婦人科医の処方してもらいましょう。病院で浣腸してもらうこともできると思います。(産科・婦人科看護師)

出ないときは水を飲んでマッサージ。生活や食事を見直し快便を

出ないときには、冷たい水を飲んだりお腹をマッサージしてみましょう。生活習慣や食生活も見直しましょう。

食事は繊維質を多く含む、根菜類、海藻類、キノコ類、果物、乳製品などを摂りましょう。よく噛むことでお腹の動きもよくなります。(産科・婦人科看護師)
高脂肪のものや、洋菓子、チョコレートなど甘い物は消化が悪く、脂肪によって便秘になりやすいです。(産科・婦人科看護師)
水分は1日2,000mlを目安に、多めにとりましょう。(産科・婦人科看護師)
下半身を冷やさないようにし、軽い運動やお腹のマッサージをして腸の動きをよくしましょう。(産科・婦人科看護師)
排便のタイミングは逃さないで。我慢すると、さらに便が硬くなります。(産科・婦人科看護師)
便意がなくても毎日、決まった時間にトイレに行く習慣を。排便前にワセリンや馬油を肛門にぬると便のすべりがよくなります。 (産科・婦人科看護師)
便意があるのに出ない場合は、浣腸や座薬で出すか、いったんトイレから出て、冷たい水を飲んだり、お腹をマッサージしたり、少し動き回ってみてください。(産科・婦人科看護師)
イボ痔は繰り返しやすいです。入浴時に湯船に浸かって柔らかくなったときに、自分の手で押し込んでください。このとき、肛門に力を入れて肛門を引き締めます。肛門を引き締める運動は、普段の生活でも1日数回、行ってください。(産科・婦人科看護師)

産前産後は便秘になりやすい時期です。規則的な生活や排便を心がけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加