インフルエンザ

1歳未満の子どもへのインフルエンザ予防接種の効果は?

毎年流行するインフルエンザですが、小さい子どもがかかると重症化してしまうこともあるため、予防接種を受けさせるママも多いでしょう。しかし1歳未満だと抗体がつきにくいといわれるようですが、医師や看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「インフルエンザワクチン。1歳未満だと効果は微妙!?」

インフルエンザの予防接種ですが、1歳未満は受けてもあまり効果がないと聞きました。1歳過ぎても小さいうちは抗体がつきにくいとか、受けた方がよいとかいう話を両方聞きますが、実際はどうなのでしょうか。去年は予防接種を受けた私と夫がインフルエンザにかかり、受けていない子どもはかからなかったので、予防接種の効果自体が疑問です。3人受けると費用もかかるため、悩んでいます。(30代・女性)

予防接種をすると、かかっても軽症で済む場合が多い

その年に流行するであろう型を予測してワクチンが作られるため外れることもありますし、接種したからといって必ず予防できるとは限りません。しかし、万が一かかってしまっても軽症で済むことが多いので、接種を推奨する方も多いようです。

インフルエンザワクチンについては賛否両論で、おっしゃるように小さい子どもは抗体ができにくいこともありますが、ワクチンを接種したから症状が軽く済むこともあります。副作用も心配ですが、インフルエンザに感染して重症化することを考えれば、やはり予防接種を推奨する方が多いようですが、それは親の判断になります。予防接種をしない場合は、うがいや手洗い、バランスのとれた食事など風邪予防を心がけてください。(産科看護師)
その年に流行すると予測されるワクチンを使用するため、予測が外れれば感染する可能性もあると考える方もいますが、ワクチンは何種類かの型を混合で作っているので、概ね流行株をカバーできると考えられています。しかし、ワクチンの効果は100%ではないので、せっかく接種しても感染する場合もあります。(呼吸器科看護師)
予防接種を受けたからといって必ずかからないわけではないですし、ワクチンはその年に流行するであろうと予測して作っているので、もしそれが外れてしまうと、ワクチンの効果が低くなる可能性はあります。しかし同じ型のインフルエンザウイルスに感染した場合、症状が軽く済むようです。(内科医師)

周囲にいる大人の予防が大切

1歳未満は抗体ができにくいこともあるので、いつも側にいるパパやママがインフルエンザにかからないようにワクチンを接種して予防するのも一つです。

乳幼児本人よりも、周囲にいる両親や兄妹などが接種した方が効果的かもしれませんし、特に高齢者など免疫力が弱くかかると重症化する可能性がある方がいる場合は、ご家族健康でも接種した方がよいでしょう。(内科医師)
インフルエンザワクチンは生後6カ月より接種可能ですが、1歳未満の乳児へのワクチンの効果は議論があるため、一部の小児科では1歳未満のインフルエンザワクチン接種はすすめていないこともあります。しかし、保育園では毎年流行することが考えられるために接種するお子さんもいます。(内科医師)

1歳未満の接種については、大人数が集まる保育園などで過ごしているかどうかでも判断が変わってくるかもしれません。たしかに予防接種をしてもかかることもありますが、重症化を防ぐという意味では無駄ではないようです。


2015/10/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)