帝王切開の傷

2015/10/02

下腹部が・・・帝王切開から数年経過でも体型は戻せる?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

下腹部が・・・帝王切開から数年経過でも体型は戻せる?

妊娠から出産までの約10カ月。赤ちゃんの成長に伴ってお母さんの体型が変化していくのは当たり前のことですが、出産によって変化した体型は、少し時間が経っても戻すことができるのでしょうか。

ママからの相談:「帝王切開の傷が気になるけど、下腹部のたるみをどうにかしたい」

産後、帝王切開の傷が気になって骨盤矯正ベルトが巻けず、ゆっくり体を動かすことくらいしかできませんでした。出産から数年経ちますが、下腹部がたるんで元に戻らずに悩んでいます。傷が気になって腹筋などがいまだに苦手なのですが、今からでも体型を戻すことは可能でしょうか。(30代・女性)

帝王切開の影響は?運動しても大丈夫?

普通分娩ならともかく、帝王切開後だと傷の具合が気になってしまいます。直後から傷が快復するまでの運動は避けた方がよさそうですが…。

帝王切開には手術のときに子宮を切る方向が2種類あり、横切開、縦切開といいます。どちらかというと縦切開の方が、傷が開きやすいとはいわれています。術後に感染や縫合不全などがなければ、どちらの切開方法でも傷は開きません。しかし、縦切開は出血量が多く、術後に癒着しやすいといった欠点があり、現在では横切開が標準的です。(内科医師)
手術直後は、運動やお腹に力を入れるのはよくありませんが、数年経っていればすでに傷がくっついているので、運動をしても問題ありません。(内科医師)

産後のダイエットにタイムリミットはない。毎日の継続を

帝王切開の傷の回復には個人差があるでしょうが、質問者さんのように数年であれば問題なさそうです。産後の体型を戻すのに遅すぎる時期は、あるのでしょうか。

産後半年を過ぎると、骨盤が閉じて筋肉も硬くなってくるので矯正が難しくなります。大変かと思いますが、今からできることで、たるみを引き締めましょう。(産科・婦人科看護師)
歪んだ骨盤に対して骨盤ベルトをするのは効果がありますし、腹筋を含めたトレーニングやストレッチはお腹の脂肪を減らすのに有効ですので積極的に行ってください。骨盤をもとの位置に戻すだけでも、お尻やお腹周りが改善することもあります。(内科医師)
いきなり腹筋はつらいので、まずは腹式呼吸を意識してお腹を引き締めて、正しい姿勢を心がけてください。(産科・婦人科看護師)
椅子に座るときは背もたれにもたれずに浅く座って、背筋を伸ばすようにしてください。歩くときは、大股で少し早いスピードで歩くようにしてください。このときも、お腹を引き締めるよう意識して歩くようにしてください。(産科・婦人科看護師)
家でできるエクササイズや体操をインターネットで見つけましょう。すぐには効果がでないと思いますが、気長に毎日続けて行ってください。(産科・婦人科看護師)

時間はかかりそうですが、骨盤は気長に矯正していきましょう。また、身体のたるみについては、まず続けられそうなエクササイズを決めて、日課として取り入れることから始めるのがよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加