産後クライシス

2014/09/26

産後クライシスを防ぐためにできる、たった2つのこと

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

産後クライシスを防ぐためにできる、たった2つのこと

昨年だったか、NHKの番組で、「産後クライシス」という言葉が取り上げられました。 日本語に訳せば、産後危機。 もちろんこれは造語だそうですが、産後、夫婦の間に決定的な感情の溝が産まれることや、 産後に夫婦仲が険悪になったり、場合によっては離婚という結論になることなどを指して、 こう名付けられたそうです。

かくいう私も、産後3年くらいまでは、ある意味産後クライシス、でした。 出産時の恨みつらみから、産後の感情のもつれ、そして復職後(当時は会社員でした)の 意思疎通の難しさ。
※夫婦の名誉のために言っておきますが、現在はお互いのことを尊重し合える、とても大切な家族だと思っています。

誰にでも起こる可能性がある、産後クライシス。症状?はいろいろのようですが、産前産後のセラピストとして、個人的な見解を言うと、一番の原因は「疲れ」だと思います。

女性は、出産、育児、でとにかく疲れている。 人間は疲れると、笑顔を作るどころか、話をするのも億劫になります。 そして、さらに疲れると、実は「話しかけられること」すら、つらくなるのです。

だから、言わないと夫が家の中のことをやってくれない、察してくれない、という不満ももちろん出ますし、なんと、逆にあれこれ「これはどう?あれはどうしたら?」なんて聞かれることすら、面倒でうざくなってしまうのです。

対する男性も、仕事、妻、子供、という中でアップアップになりやすいのがこの時期。 まだまだ社会の見方は、「産後の妻がいるから早く帰ったら?」「育休取ったら?」というよりは、「パパになったんだから頑張れよ!」というほうが多いこともあり、仕事と家庭のはざまで大変なプレッシャーと苦悩を背負う方が多いのです。

前置きが長くなりましたが、 今回は、そんな「子供が産まれて幸せなはずなのに、現実ちっとも幸せではない」二人に、産後クライシスに陥らないための、たった2つの方法をお伝えします。

たった2つの方法、それは、

1、家の中でやらなければならないこと(家事・赤ちゃんのお世話)を、どちらも出来るようにしておく
2、相手がやったことには、常に感謝の気持ちで向き合い、それを伝える。対してやったほうも、押しつけがましいアピールはしない。

です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加