BCG

2015/10/04

まだ赤い・・・BCGの跡は、どれくらいできれいになるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

まだ赤い・・・BCGの跡は、どれくらいできれいになるの?

赤ちゃんの頃に受けるBCGは、跡が治りにくい予防接種としても知られています。接種から数カ月たってもきれいにならずに心配するママから相談がありました。お医者さんと看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「BCGから4カ月たっても、跡がきれいにならず心配です」

現在8カ月の子どもは、4カ月のときに受けたBCGの跡が赤いままで、なかなかきれいになりません。個人差はあると思いますが、同じ月齢に受けた赤ちゃんの中には、かなり赤みがひいた子もいて心配になってきました。たまたまかもしれませんが、本人が気にしてさわるような仕草をするときがあります。通常、どのくらいたてば目立たなくなりますか。また、お風呂で注射の跡をほかの場所と同じように洗ってもいいのでしょうか。(30代・女性)

3,4カ月ほどで治るが、個人差あり

BCGの接種跡は3,4カ月ほどで治りますが、個人差があります。跡が残る理由や、接種の跡がどのように治っていくかについても教えてくれました。

BCGは接種後すぐには変化がなく、10日後ぐらいから針を刺した場所に赤い点ができてきて、徐々に大きくなります。このような反応は接種後1,2カ月ころに最も強くなり、場合によっては黄色いかさぶたや膿(うみ)をもつこともありますが、3,4カ月ほどで小さな跡が残る程度に治っていきます。また、接種後1~3カ月後に脇の下のリンパ節がはれることがありますが、2,3カ月で自然になくなります。 (内科医師)
接種後3カ月を過ぎても膿が治まらない、一度乾いたところが再び膿をもってくることがあれば、一度、受診するとよいでしょう。膿がなく赤みだけであれば、様子を見るようにしてください。BCGの跡が消える時期については、4カ月くらいでほぼ見えなくなるお子さんや、質問者の方のお子さんのようになかなか消えないこともあります。大人でも、赤みはなくても跡がわかる方もいます。(内科医師)
BCGを接種すると、はんこで押したような跡が残り、大人になっても薄くはなりますが、そのまま残っている方も多いです。どれくらいで消えるかは個人差がありますが、時間が経過しても赤みがある場合は、化膿している可能性が考えられます。BCGの跡は化膿を繰り返して、徐々によくなる傾向にあり、そのため傷跡が残りやすいのですが、気になるようでしたら皮膚科で相談してみてください。(血液・腫瘍科看護師)

接種跡は、こすらないようにして清潔を保って

接種の跡は清潔を保ちましょう。自宅でのケアや、入浴時の注意点もアドバイスしてくれました。

ガーゼをまいたり、絆創膏を貼る必要はありませんが、引っかいたりしないように注意してください。お子さんの爪は短くして、皮膚を傷つけないようにしてください。ワクチンを接種して数日後にかさぶたができますが、このときにかきむしったり、かさぶたを取ってはいけません。自然にかさぶたがとれるのを待ち、皮膚の清潔を心がけてください。(血液・腫瘍科看護師)
注射の部分は、こすったりせず毎日ぬるめのシャワーで軽く流すくらいにしましょう。(内科医師)

BCGの跡は3,4カ月ほどで治るようですが、個人差があります。接種した部分は、こすらないように気をつけて清潔に保ちましょう。気になる場合は、皮膚科で相談してもよいようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加