産後の腰痛

2015/10/05

整骨院でも改善しない…産後の腰痛の改善方法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

整骨院でも改善しない…産後の腰痛の改善方法は?

大きなお腹を抱えた妊娠中や、赤ちゃんを抱っこする産後に、腰痛を訴えるママは少なくありません。なかなか改善しない腰痛に悩むママからの相談に、お医者さんや看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「整骨院に通っても、なかなか腰痛が改善しません、よい方法はありませんか?」

妊娠中から腰痛に悩んでいました。出産したら軽減すると思っていましたが、子どもを抱っこすることもあり、腰痛がさらに悪化したように感じます。整骨院に通っても、なかなか改善できません。その日はいいのですが、次の日にはもう痛くなっています。まだ子どもも小さいのでゆっくりお風呂につかることもできず、自分なりにストレッチもしていますが、あまり変わっていません。効果的な腰痛改善方法はありませんか。(20代・女性)

骨盤ベルトやストレッチを取り入れて

産後の腰痛は骨盤の歪みも原因になります。骨盤ベルトで骨盤を矯正したり、ストレッチで腰回りの筋肉を鍛える方法を教えてくれました。

産後は骨盤のゆがみでも腰痛を起こしますし、赤ちゃんを抱えたり、中腰でお世話をしたり、腰に負担をかけてしまいます。骨盤ベルトで骨盤を矯正し、腰を固定させてください。整骨院では、骨盤矯正を行っているでしょうから、しばらく続けるようにしてください。(産科、婦人科看護師)
産後は、出産により骨盤が開いてしまうため身体に歪みが出て、腰痛になりやすいといわれています。また子育てで今まで使っていなかった筋肉も使うので、筋肉痛や腰痛に悩まされる女性は多いです。(内科医師)
対策としては骨盤ベルトを巻いたり、ストレッチをしてみるとよいです。ストレッチはゆっくり身体を動かすので、身体に負担をかけることなく腰回りの筋肉を鍛えられ、腰痛も緩和されます。四つん這いで、頭を下げ腰を上げるポーズをキープしてみてください。また、仰向けで膝だけを曲げて左右にねじるストレッチも効果的です。産後すぐからできる、これらの産褥(さんじょく)体操はおすすめです。(内科医師)

食事で血行改善を

貧血と血流の改善が腰痛緩和に効果的なようです。食事やお風呂、衣類で身体を温めましょう。

ゆっくりお風呂に入るのもままならないでしょうが、なるべく腰を冷やさないこと、お風呂以外では、腹巻や肌着を追加して下半身を冷やさないようにしてください。(産科、婦人科看護師)
妊娠中に続き、産後も貧血になりやすいので、海藻類や緑黄色野菜、レバーなどを心がけて摂るようにしてください。鉄分は吸収されにくいので、ビタミンCと一緒に摂るといいでしょう。貧血を予防し、腰痛にも効果があるのはビタミンB12です。魚介類に多く含まれるので、合わせて摂るようにしてください。貧血も腰痛を悪化させますから、血流を増やし、血行をよくしてください。(産科、婦人科看護師)
食事は血行をよくするような生姜や根菜類、温かいスープなどを摂るようにしましょう。(内科医師)

骨盤ベルトやストレッチを取り入れて、骨盤と腰周りの筋肉をケアしましょう。入浴などで身体を温めることも忘れずに。食事は、貧血を予防したり、血流をアップさせたりする食材を選んでください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加