幼児のお世話・トラブル

2015/10/07

3歳になっても寝る前にはおっぱい・・・卒乳できるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

3歳になっても寝る前にはおっぱい・・・卒乳できるの?

ずっと母乳で育てている赤ちゃんだと、自然に卒乳できるかどうか心配になるママもいるようです。幼稚園に通うようになっても、寝る前のおっぱいがやめられないがどうすれば?という相談に対し、医師や看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「寝る前のおっぱいがどうしてもやめられないが、どうすれば?」

今年から幼稚園に通い始めた3歳の娘は、まだ卒乳できず、夜寝るときだけ授乳(授乳というより安定剤?)しています。どんどん力も強くなるので乳首も痛いし、歯並びのことも気になります。夜は私がいないと寝ないので、主人に寝かしつけを任せることもできず、いつかは終わるとわかっていても最近ちょっとつらくなってきました。どうにか自然卒乳に向けていく、よい方法があれば知りたいです。(30代・女性)

徐々に心の準備をさせてあげて

3歳だと普通に食事が摂れているはずなので、栄養面では何の問題もなく、就寝時のおっぱいは、まさに心の安定剤です。自然卒乳を考えているのなら、少しずつ心の準備をさせることも大切なようです。

おっしゃるように、眠るための安定剤になっていると思います。卒乳の時期はそれぞれですが、卒乳するには食事や水分がとれていること、そろそろやめようか?などと前もって子どもに心の準備をさせる必要があります。お気に入りのぬいぐるみを横に寝かせ「おっぱい飲まずに寝ちゃったよ」といってみてください。ゆっくり卒乳した子の方が、将来的に情緒が安定するといわれているので、ママは大変ですがもう少し頑張ってください。(産科看護師)
自然に卒乳できるのが一番ですが、ママが負担に思うほどつらいのはよくありません。3歳なら母乳以外の食事で栄養は摂れていると思うので、いつ卒乳しても栄養面では問題ないですが、寝るときなど精神的に安心したくて母乳を求める子も多いです。母乳をあげなくても、スキンシップをとることで安心させてあげられれば卒乳できることがあります。(内科医師)

優しく抱きしめて、背中をポンポンしながら話しかける

日頃から、「もうそろそろ、おっぱいは卒業だね」などと言い聞かせるなど、徐々に卒乳を意識させてみてください。寝る前におっぱいを求められてもすぐには与えず、背中をさすりながら優しく話しかけるなどして、気をそらせてみましょう。

他のことに興味が持てれば、おっぱいに頼らなくても眠るようになるでしょう。すぐに母乳を与えず、ママが側にいて背中をぽんぽんさすりながらお話をしたり絵本を読んであげてもよいですし、おしゃぶりを使うなどおっぱい以外で眠る習慣をつけてください。(産科看護師)
「言い聞かせ卒乳」といって、「あと何回で、もうおっぱいは終わりになるよ」「周りのお友達も、もうおっぱいは飲まなくなる頃だよ」などと伝え、理解してもらう方法もあります。泣いてしまったらすぐにはあげず、背中を優しくたたきながら抱きしめて寝かしつけてあげると寝ることもあるので、徐々に慣れるようにしてあげてくださいね。(内科医師)

もう3歳だと、だいたいの食事は摂れますし、こちらのいうことも理解できる年齢です。無理におっぱいを取り上げるのは情緒的にもよくないので、本人にわかるように少しずつ言い聞かせ、徐々に卒乳に向かっていければよいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加