同時接種

ワクチン同時摂取の本数により、副反応の強さが変わるの?

子どもが小さいうちは、予防接種のスケジュールに追われるママも少なくありません。近年、ワクチンの同時接種が推奨されていますが、一度に複数を接種して問題はないのか、医師や看護師さんたちに聞いてみました。

ママからの相談:「複数のワクチンを同時接種して、副反応の心配は?」

2カ月の男児の予防接種ですが、聞くところによると同時接種してくれる病院としてくれない病院があるらしく、私が通う病院では「同時接種は2本まで」といわれましたが、同時接種はあまりしない方がよいのでしょうか。知人は4本同時接種したといっており、その場合は手と足に打つそうですが、一気に接種した後の副反応は倍になったりしないのでしょうか。(30代・女性)

同時接種の安全性は世界中で確認済み

複数のワクチンを同時接種しても、副反応の出方に影響することはないようです。同時接種できるワクチンの数も増え、今は世界中で同時接種が推奨されています。

一度に多くのワクチンを接種した場合、副反応が起きても、どのワクチンの作用か判断できない場合や、ワクチン同士の影響でうまく抗体ができない場合もあるために、相談者様が通う病院では2本までとしているのかもしれません。しかし最近は、同時接種できるワクチンが増え、数種類のワクチンを接種しても問題ないといわれています。(産科看護師)
世界中ですでに同時接種は行われており、特に問題ないとされ日本小児科学会も同時接種を推奨しています。同時接種をしたからといって、副反応が倍になったり特別な副反応が出たりすることはありません。重大な副作用が起きる確率は極めて低いので、接種しないことでお子さんが病気にかかるリスクと比較して決めてください。(内科医師)

早期の免疫獲得と通院回数の軽減や接種漏れを防ぐ

子どもの予防接種は数が多く、追加接種まで一定の間隔をあけなければならないワクチンもあり、その間に重い感染症にかかってしまう可能性もあります。多くの免疫を早期に獲得するため、同時接種が推奨されています。

日本の赤ちゃんが1歳前に接種すべき主なワクチンは6~7種類あり、ロタウイルスやB型肝炎など任意のものも加えるとより数が増えます。子どもは免疫力が弱く、初めてかかる感染症には重い病気が多数あり、かかってしまうと最新の医学でもよい治療法のない病気も未だにあります。何回か接種しないと効果が出ないワクチンもあり、その間に病気は待ってくれないので同時接種が推奨されています。(内科医師)
ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあり、生ワクチン接種後は4週間、不活化ワクチンの場合は1週間あけなければ次のワクチンが接種できないので、1種類ずつ打っていては免疫ができるまでに長い時間がかかってしまいます。同時接種は必要な免疫をできるだけ早くつけて子どもを守るだけでなく、保護者の通院回数を減らして接種忘れをなくす意味でも非常に重要です。(内科医師)
同時に接種する場合は、同じ部位ではなく両手や足やお尻など部位を変えて接種します。ワクチンの接種は主治医と相談し、無理のないスケジュールで行いましょう。(産科看護師)

一度に何種類も接種するのは抵抗があるかもしれませんが、今は世界中で同時接種が推奨されています。複数のワクチンを打ったからといって、副反応の出方が大きくなるということはないようです。


2015/10/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)