解熱剤

子供に処方された解熱剤。実際どんな状態の時に使えばいいの?

子供が熱を出したとき、小児科などで解熱剤を処方されることはよくありますが、実際に使うとなると抵抗がある、というママも多くいらっしゃるようですね。病院からは「38.5℃以上の熱が出た時に使用するように」と、解熱剤を処方されることが多いようですが、子供がそれ程辛そうじゃない場合は、解熱剤を使おうかどうか迷ってしまうのではないでしょうか。 また、薬は保存ができるとのことですが、使用期限や保存方法について、看護師さんたちからアドバイスをいただきました。

ママから相談:「子供に解熱剤(座薬・粉薬)を処方されましたが、実際に使うとなると抵抗が…。」

常備薬としてあると便利だからと、病院で子供の解熱剤を処方されたものの、実際には子供がどんな状態の時に使えばいいのか判断に迷ってしまう、というママからの相談です。薬の使用期限や保存方法についても、正確なことが分からないので困っているようですが…。

「解熱剤は持っておくと便利だから」と言われ、小児科では座薬を、耳鼻科では粉薬を処方していただきました。でも実際使うとなると抵抗があり、ネットで調べてみると「熱が38.5℃以上あれば使う」や「高熱でも元気なら必要ない」などの色々な情報があり、どういう状態の時に解熱剤を使えばいいのか、判断が難しいです。また「保存ができるので置いておいて下さい」と言われましたが、どのくらいの期間置いておけるものなのかも、よく分かりません。あると便利な物なのでしょうが、薬だけにその危険性に不安を感じます。

解熱剤は、辛い症状を緩和させるために一時的に熱を下げるもの!

熱が高いと、解熱剤を使った方がいいの?と心配するママも多いかも知れませんね。しかし38.5℃以上の熱があっても元気で、水分がしっかり摂れているようであれば、解熱剤は使わずしばらく様子をみてもよいでしょうと、看護師さんたちは言っています。

解熱剤は病気を治すための薬ではなく、一時的に解熱させるための薬です。ではどうして一時的に解熱させるのかというと、子供さんが高熱のあまり水分がしっかり摂れない、十分に睡眠がとれない、といった場合に、体を楽にしてあげるためです。(看護師)
「38.5℃以上の熱で解熱剤を使う」というのは一応の目安で、熱が38.5℃以上なくても、お子さんが辛そうにしていれば解熱剤を使うといいですし、普段の様子とさほど変わらず、水分もしっかり摂れて休めるような状態であれば、解熱剤を使う必要はないでしょう。(看護師)
熱が38.5℃以上あっても元気で、ご飯もいつもと変わらず食べられるという子は多いです。それよりも「ぐったりとしている、食欲がない」などのお子さんの症状を参考にして、解熱剤を使うかどうかの判断をされる方がよいでしょう。(看護師)

薬の使用期限や保存方法は、処方された薬により様々。処方された薬局に問い合わせを!

薬の使用期限は、数カ月~数年と、その種類によって様々なようです。また保存方法についても、処方された薬によって、冷蔵保存・常温保存があるようですね。 正確な使用期限や保存方法は、薬を処方していただいた薬局に直接確認をする必要があると、看護師さんたちは言っています。

お薬の保存に関してですが、未開封であれば約2年は大丈夫なようです。しかし、粉薬は湿気等で変質しやすいので、保存できる目安は約半年でしょう。判断が難しい時には、処方してもらった薬局に確認してみることをお勧めします。(看護師)
薬の保存ですが、ほとんどの場合、冷蔵保存で6カ月は大丈夫なようです。ただ薬にもよりますので、処方してもらった薬局に問い合わせてみるのが一番いいでしょう。(看護師)
薬は未開封なら、数年間保存できるものもあります。チューブに入った軟膏は、下部に使用期限が印字されていますので、参考にして下さい。(看護師)

38.5℃以上の熱でも、お子さんの様子が普段とあまり変わらず、しっかりと水分が摂れていれば、解熱剤は使用しなくてもいいようですね。ただし、ぐったりとしていて、水分も摂れないほど辛そうな状態であれば、熱が38.5℃以下であっても解熱剤を使用して、一時的に楽に過ごせるようにしてあげた方がよいと、看護師さんは言っています。
お子さんの発熱はママも辛いでしょうが、普段の様子とよく見比べて、解熱剤を使用した方がいいのかどうか、判断をして下さいね。


2014/07/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)