思春期早発症

思春期早発症ってどんな病気?原因と治療方法は?

本来ならば思春期の頃に起こる第二次性徴が、早い段階で出てくる病気が思春期早発症です。男子でも女子でも発症し、治療せずに放置しておくと骨年齢が早く促進してしまうため、低身長になります。そんな思春期早発症の原因や治療法について紹介していきます。

思春期早発症の症状は?

思春期早発症は、男性ホルモンや女性ホルモンが分泌されることで起こる第二次性徴が早く起こる病気です。女子の場合7歳6カ月より前に乳房の発育の症状が、男子の場合は9歳未満で精巣が4ml以上の大きさになる症状が出ると、思春期早発症の可能性が高いと判断されます。女子の場合は乳房のみが発育する乳房早期発育症という病気もあり、思春期早発症と区別する必要があります。

さらに成熟が進むと、陰毛が生えてきたり、女子ならば月経の開始、男子ならば声変わりが起こるなどの症状が出てきます。治療を行わずにいると骨端線が早い段階で閉鎖してしまうため、低身長になってしまいます。

思春期早発症の原因は?

思春期早発症の原因は、中枢性(真性)と末梢性(仮性)の2つに分けられます。

性腺から性ホルモンが出ることで症状が出ることには変わりないのですが、中枢性の場合は、下垂体から性腺刺激ホルモンが出ることで性腺から性ホルモンが分泌されるという通常の二次性徴と同じようなプロセスによって症状が発症します。末梢性の場合は、性腺刺激ホルモンが出ていないにも関わらず、性腺や副腎から性ホルモンが分泌されます。

中枢性は、女子の場合はほとんどが原因不明ですが、男子の場合は脳腫瘍などが原因であることが多いです。末梢性の場合は、副腎腫瘍や卵巣腫瘍、マックキューン・オルブライト症候群などが原因になります。

2歳以前に思春期早発症が発症した場合は、脳腫瘍(過誤腫など)かマックキューン・オルブライト症候群が原因の確率が高くなります。

思春期早発症の治療方法は?

思春期早発症の治療法は、原因が中枢性か末梢性かによって異なってきます。

中枢性が原因の場合は、月に1回LH-RHアナログという薬剤を皮下注射することで治療を行います。薬剤を注射することで、ほとんどの場合二次性徴の症状が止まり、骨年齢の促進が遅くなるという効果があらわれます。

末梢性が原因の場合は、原因となっている腫瘍に対する治療を行います。腫瘍を手術で取り除くことになりますが、原因が脳内過誤腫の場合は摘出手術を行う必要がないことが多いです。


2015/11/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事