過換気症候群

妊娠中のストレスが原因?過換気症候群の症状と対処法

過換気症候群はストレスなどが原因で過換気の状態になり、呼吸困難感や頭痛、手足のしびれなどが生じるものです。妊娠期は子宮が大きくなるため息苦しさを感じやすく、ストレスなどが重なると過換気症候群を起こすことがあります。多くの場合、ゆっくり吐くようにすると治まります。

過換気症候群とは?

過換気症候群は、ストレスや不安感などが原因で発作性の過換気になり、呼吸困難感や動悸、手足のしびれなどさまざまな症状が現れます。患者は息苦しさや「息ができない」という不安を感じ、重度の場合は「死んでしまうのではないか?」と恐怖を抱くことがあります。しかし、過換気症候群そのものは命にかかわるものではなく、自然に、あるいは適切な対処で30分から長くても1時間程度で症状は治まります。
男性よりも女性に多く、比較的若い女性に多い傾向があります。

原因はなに?

過換気症候群のさまざまな症状は過換気によって主に血中の二酸化炭素が不足したために起こります。妊娠中は大きくなった子宮が呼吸に関係する横隔膜を押し上げるため、呼吸が浅くなりがちです。過換気症候群は息苦しさを感じやすい状態に、さらにストレスや不安などが加わることによって起こることがあります。
また、過換気症候群には体質や精神障害が関係しているときもあります。

どんな症状なの?

過換気症候群では身体や精神面にさまざまな症状が現れます。頻呼吸や呼吸困難感をはじめ、動悸や口渇、また手足や口唇などのしびれ、さらに頭痛やめまい、場合によっては失神してしまうこともあります。
精神面では、呼吸困難感の状態は「息ができない、死んでしまう」という恐怖心を生じさせ、「また起こったらどうしよう」という予期不安が起こる場合もあります。

過換気症候群になった際の一般的な対処法

過換気症候群の一般的な対処として、以前は紙袋やビニール袋を口に当てて呼吸をするペーパーバック法が推奨されていました。しかし、現在ではペーパーバック法は酸欠を起こす可能性などが高く、むしろ危険な方法といわれていますので注意してください。

過換気症候群の症状が現れた際に重要なことは「落ち着いてゆっくり吐くこと」です。「息ができない」という焦りから息を吸うことばかり意識してしまいます。しかし、気持ちを落ち着かせるために一度、大きく息を吐きましょう。すると、息が吸えます。
吐くときは、吸うときよりも長めにゆっくり吐くことが重要です。口をすぼめて口からゆっくり息を吐くと症状は徐々に治まります。

ゆっくり呼吸しても息苦しさがなかなか治まらない場合には、できるだけ早く産婦人科で診てもらいましょう。足がしびれていると転びやすいので、足下にも十分に注意してください。


2015/10/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事