クラミジア

妊娠中は絶対検査を受けて!クラミジア感染のリスクとは

クラミジア感染症は性器が痒くなることから受診をためらいがちです。しかしクラミジア感染症にかかったままでいると自分自身にも、生まれてくる赤ちゃんにも影響が出てしまうことがあります。クラミジア感染症の検査方法やその必要性、感染したときの症状や治療などについて解説します。

クラミジア感染症とは

クラミジア感染症はクラミジアトラコマチスという菌が原因です。この菌は眼の病気であるトラコーマや急性の結膜炎を起こす菌でもありますが、下水道の発達等によりこれらの病気はほとんど見られなくなりました。しかし咽頭や男性の尿道、女性の膣や子宮などには住み着きやすいため、直接接触するような性行為をしたときにどちらかが感染していると相手にも感染してしまうことが多いようです。お風呂場での感染や空気感染などはほとんどないと言われています。

クラミジア感染症の症状

クラミジア感染症の潜伏期間は1〜3週間と言われています。感染していても女性の場合は症状を感じにくい場所であるため気がつかない人も多いようです。一般的にはおりものが黄色っぽくなったり少し匂いをともなったりします。性器付近に痒みを感じたり、排尿時の痛み、生理痛のような下腹部の痛み、不正出血などが起きる場合もあります。

症状を自覚しにくいため、知らない間に進行してしまうと、子宮の入り口付近にあった菌が奥へと入り込み治療が困難になってしまいます。卵管、腹腔内へと入ってしまうと激しい腹痛や高熱、骨盤腹膜炎を起こしたり、性交の際にこれまで感じなかった痛みを感じるようになります。

クラミジア感染症がこのように進行すると、卵管が塞がってしまうことで不妊や子宮外妊娠の原因になったり、妊娠中であれば子宮内膜炎や卵管炎を引き起こし流産の危険性もはらんでしまいます。無事に出産まで至っても、産道で生まれてくる赤ちゃんに感染し、新生児結膜炎、新生児肺炎になってしまう場合があります。ですから自分自身のためにも、生まれてくる赤ちゃんのためにも、クラミジア感染症にかかっていないか検査をすることがとても重要です。

クラミジア感染症の検査方法

クラミジア感染症の検査は、綿棒で子宮頸管の分泌物を採取して調べます。また血液検査では過去に感染したことがあるかどうかがわかります。女性は妊娠しているいないに関わらず、産婦人科ですぐ検査を受けることができます。匿名でできる検査キットもありますが、母胎と赤ちゃんの安全性を考えきちんと病院で検査を受けることをオススメします。

検査で陽性という結果が出た場合は、パートナーも感染している可能性が高いので、一緒に治療を受けるようにしましょう。妊娠時には妊婦さんが飲んでも安全な薬を処方してもらえます。

感染症について医師に相談することは勇気がいることでしょう。しかし産婦人科側は妊娠したら一度はクラミジア検査を受けることを推奨していますし、検査を受けてたとえ陽性でも治療をすれば完治して出産や赤ちゃんに対するリスクはなくなります。ですから症状が感じられなくても一度は検査をしておくと良いでしょう。


2015/10/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事