統合失調症

2015/10/20

子どもにも起こる「統合失調症」の診断方法や治療法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

子どもにも起こる「統合失調症」の診断方法や治療法は?

統合失調症は、さまざまな感情や思考などをとりまとめるための脳内機能に何らかのトラブルが生じる精神疾患です。10代後半から20代にかけてが発症のピークと言われていますが、まれに10歳前後の子どもにも発症する場合があります。ここでは子どもの統合失調症について解説します


  • このエントリーをはてなブックマークに追加